いろいろなカップルや片思いの男女の話を聞いて思うのは、男と女はとても違うものなんだ、ということ。

男性からすればどうってことないことでも、女子的には大ブーイング。もしくはその反対もある。

ということで、今回は、女子的にはあまり意識していないのに、男性がいらっとしてしまう行動についてお伝えします。

男性のイラつきポイント① 思わせぶりな話し方

男性の意思表示はとにかくストレート(最近の草食系男子には例外もいるようですが)。

察してほしいなー、と思うようなコミュニケーション、たまには可らしくていいのかもしれませんが、毎回されるとイライラさせてしまうみたい。

私もよくやってしまう悪いパターンとしては……

(×)「するのってどう思う?(本当はとってもしたいんだけれど……)」⇒(◯)「○○したいな!どう?」

(×)「今日めに仕事終わるかも(だから会いたいな)」⇒(◯)「今日く終わるから会わない?」

(×)「この映画私としては悪くないと思うんだけれど(一緒にみたいな)」⇒(◯)「この映画楽しそうだから一緒にみない?」

と相手に決定を委ねることで、イライラを募らせてしまったことも。

自分のしたいこと、気持ちを(特にメールLINEでは)ストレートに表現してみると用なトラブルは減るかも!?

男性のイラつきポイントスマホをいじる

食事中やデート中のちょっとしたスキマ時間に、スマホを見られるのを男性はとても嫌います。

男性側は仕事が忙しい! 連絡があるから! と言ってスマホをのぞく人は多いのですけれど……

よりもメッセージのやり取りのほうが重要なの?」

メッセージしてるの?」とあらぬ疑いを掛けられることも。

もし、メッセージをするのなら「○○ちゃんから急いで返事がほしいって」と、具体的にメッセージを返さなくてはならない理由を(でも)言ったほうがいいですね。

わけもなく、スマホを触るのは機嫌を損ねてしまいます。

男性のイラつきポイントケンカ後のSNS書き込み

これもスマホ系の話題。

ちょっとしたケンカがあった(たとえば、待ち合わせに遅れた、デート中のちょっとした態度が気に入らなかった)当日や翌日のSNS書き込みは要注意!

意識はしていなくても、モヤモヤが投稿に出てしまうもの。

彼も敏感になっているので、自分に対する批判ではなくても、

あなたのネガティブな書き込みを発見すると「それってへの当て付け?」「どうせ、のせいでしょ」と火に油を注ぐことに。

男子は一度言われたことを二度、とくにSNSのようなの場で言われるのはプライドを傷つけられたと思うので、微妙タイミングでのSNS投稿は要注意!

いかがでしたでしょうか?

これ以外でも、どうしてこんなことで機嫌悪くなるんだろう、と思うことがたくさん。

男性女性は全然違う生き物なんだ、と心得えておくと駄なトラブルを避けられますよ!(yuki/ライター

カツ編集部)

iStock-639651286 (1)