旅行する女性

KapturePhotoSolution/iStock/Thinkstock/写真イメージです)

東日本大震災から、今年で丸7年。まだ震災前の姿に全に戻ったわけではないが、復が進みつつある。

しかし、こうした地震などの災害が起こったあと、たとえ被害が少なかったとしても「旅行キャンセルしよう」「当分行きたくないな…」と考える人も。

■「なんとなく、こわい」

しらべぇ編集部が全20代60代の男女1,357名を対に「災害のあった土地への旅行」について調を実施。その結果、全体の36.5は「なんとなく避ける」と回答している。

年代別で見てみると、すべての年代で男性よりも女性のほうが高い数字だ。

災害の土地への旅行(©ニュースサイトしらべぇ)

「なんとなく、怖い感じがしませんか? 自然災害が起きた土地は、あんまり行きたいって気持ちにならなくて」(30代・女性

「いくら『大丈夫です、安全です!』といわれても、本当に? って思っちゃう。わざわざ旅行先に選ばないですね」(40代・女性

「なんとなく」不安、心配…。こうした気持ちから、避けてしまう人が少なくないのだ。

■行くことで支援したい

しかし、反対に「被災地に行くことで支援したい」と考える人も。

福島の復支援ツアーに行きました。大分も行っています。そこに行くことで、自分も楽しくて現地にお金が落とせる。それが一番の支援になるのかな? って」(20代男性

被害を受けていない場所もあるのに『この地域は全部危ない』なんて、全な風評被害ですよね。復支援なんて偉そうなことは言えないけれど、むしろ好んで、行くようにしてます」(30代・女性

「なんとなく怖い」イメージを持たず、ぜひ現地を訪れてもらいたい。そう思っている場所は少なくないのだ。

■風評被害の怖さ

1月23日草津白根山が噴火し、客足が落ちていた草津温泉温泉に大きな影はなかったとはいえ、やはり「怖い」と感じ、宿泊キャンセルが相次いだという。

そんなときに、同じ温泉地である大分別府温泉が出した広告が話題になったのは、記憶に新しいはず。

別府温泉

(画像は別府温泉公式サイトスクリーンショット

「今は、別府行くより、草津行こうぜ」の文字が、強い。

草津温泉(©ニュースサイトしらべぇ)

2月末に記者草津温泉を訪れた時、湯もみショーには行列ができ、満室の宿もあった。しかし、やはり前に来たよりも人が少なく、例年より観光客が減っているのは事実だ。

もちろん、災害が起きた時に「本当に安全なのか」「今後、繰り返す恐れはないのか」調べることは大切。だが「なんとなく」のイメージで、せっかくの素敵な場所を訪れなくなってしまうのはもったいない。

・合わせて読みたい→風評めげず「地元グルメ」健在!大分・別府も地震から1カ月

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2018年2月9日2018年2月13日
:全20代60代の男女1,357名(有効回答数)

なんとなく、イメージが… 災害のあった土地への旅行を「避けて」しまう人