今年がデビュー15周年のNEWS。大卒で高学歴小山慶一郎と加藤シゲアキファッションセンスが優れている増田久。そして、ジャニーズ初(?)のチャラ男・手越也。キャラクターの豊かさが魅だ。中でも手越はNEWSイチの強運の持ちだという。アイドル誌の編集者が教えてくれる。

15歳の時、オーディションで合格したわずか10カ後にNEWSとしてCDデビュー。が、その間に、もうひとつのラッキーを手にしていたんです。手越はジャニーズJr.の仲間と一緒にカラオケに行って、SMAPの『世界に一つだけの花』を熱唱。翌日、ジャニー喜多社長Jr.の楽屋を訪れ、『Jr.で歌がうまいやつはいないのか? Jr.を変えてほしいんだ』と聞いてきたそうです。すると前の日にカラオケに行った仲間が『手越、めちゃくちゃ歌うまかったですよ』と答え、KAT-TUNライブに出ることが決まったんです」

 ちなみに、そのやり取りの最中、当の手越はトイレで大きいほうを出していた。戻ってくるとジャニー社長から「歌を歌えるらしいじゃないか。やってみなよ」と言われ、2日後のライブ出演を言い渡された。それが客前で生まれて初めてマイクを握ったステージだったのだ。

KAT-TUNバックではあったものの、入所したばかりのJr.がマイクを持てるなんて、異例中の異例。しかも、そのステージパートナーとなったのは増田。そんな2人が03年にNEWSとなって、06年には生デュオ・テゴマスとしても始動するとは不思議な縁です」(前出・アイドル編集者

世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)では、自らスターと言い破天荒キャラになったが、その芽はJr.時代にあったようだ。

北村ともこ

アサジョ