言うだけ自由だが、もっと実現しやすい標を掲げるべきでは?

 加護亜依3月6日、自身が出演する舞台「デスペラードを知ってるか?」の開稽古前の囲み取材を行ったが、その発言がネットニュースに取り上げられ、世間から壮絶なツッコミが浴びせられている。

 2年ぶりの舞台出演となった加護は「最近お芝居やりたいなって気持ちになってきました」とコメント。さらに「歌も歌いたいですし、今一番やりたいのは会です」と、やりたい仕事が多く、その中でも特に会業にチャレンジしたいという意欲を見せた。

 そのやりたい会業の詳細についても「世界中の変な動画を紹介する番組をやりたいです」と説明。さらに標にする会者としてタモリの名前を挙げ、「おの番組やの番組まで幅広くてみんなにされているので」とも話していた。

 ただ、この一連の発言にネット民からは「何言ってんだ、こいつ」「せめて、どれか一つにしろよ」「そんな番組見たくないわ」「と地がひっくり返ってもタモリにはなれないよ」などといったバッシングが浴びせられている。

アイドルを再スタートさせるも長続きしなかったりとやることなすこと中途半端な加護ですから、分不相応な欲求ツッコミが入ったようです。ただ、聞かれたことについて答えただけでここまでかれてしまうのは気の毒なところ。それでも加護30歳になったわけですから、あれもこれもやりたいではなく、もう少し現実的な標を掲げての前のことを一つ一つこなしていく堅実な考えを持っていい頃ですけどね」(エンタメライター

 謀な夢をれるのもある意味加護らしいといえば加護らしいが、せめて精一杯努だけはしてほしいものだ。

(権田力也

アサジョ