ミュージシャン井上陽水さんが出演し、糸井重里さんによる「くうねるあそぶ」のキャッチコピーで個性的なCM展開を行った全く新しいセダン。それが日産セフィーロ」でした。

記憶に残る、自粛されたあのフレーズ

「お元気ですかぁ?」とミュージシャン井上陽水さんが助手席から呼びかけるクルマCMを覚えている方もいらっしゃるはず……。その主人公1988昭和63)年に発売された日産セフィーロ」です。

都会的なスタイリッシュスタイルが与えられた4ドアセダンで、メインターゲットは、なんと30代前半と思い切ったもの。この背景には、トヨタマークII」などハイソカーと呼ばれた高級志向の4ドアや「カリーナED」など後席の居住性よりもスタイル優先なパーソナルセダンの流行がありました。

このブームに乗り切れていなかった日産が、トヨタハイソカーブームでもあった「マークII」「クレスタ」「チェイサー」の「マークII 3兄弟」に戦いを挑むべく打ち立てた3兄弟は、スポーティな「スカイライン」、ラグジュアリーな「ローレル」、そして、その要素をミックスさせた新顔の「セフィーロ」が第一弾モデルとして送り出されました。

バブル全盛、購入時は贅沢なセミオーダー式で!

スカイライン」のみ2ドアクーペがありましたが、「ローレル」「セフィーロ」3種共に4ドアモデルが基本でした。とはいえボディ構造はやや異なり、Bピラー付き4ドアハードトップの「スカイライン」、Bピラーレス4ドアハードトップの「ローレル」に対して、「セフィーロ」はオーソドックスな4ドアセダンでした。

しかしながら、最新式のプロジェクターヘッドライトとコンパクトなグリルによるシャープフロントマスクサイドに3面ガラスを用いた6ライトウィンドウの伸びやかなサイドビューなどクラシックモダンを見事に融合させたスタイルは、DCブランドスーツなどを用し、大人を気取りたかった若い世代をまさに意識したものといえるでしょう。

ユニークだったのは、エンブレムメーカー名のみとし、グレード表記をしたことです。バブル期だったこともあり、デビュー時にはセミオーダー式システムを採用し、自分好みの1台を注文可という贅沢なものでした。しかしながら仕様が異なっても、外観上からはグレードによる違いが分からぬように配慮することでスマートさを演出。その代わりに、センターコンソールボックスの裏に貼り付けられた仕様書で内容を確認することができました。

いざ発売、打倒「マークII」3兄弟は…?

かくして発売された「セフィーロ」ですが、バブル期の自動車メーカー各社の拡大路線による種の多様化に加え、トヨタの人気と販売太刀打ちすることができず、結果、CM以上に立つことはなく、そのモデルライフを終えました。

次期フォーマルなセダンへと仕切り直しされ、手頃な価格と機性の高いクルマに生まれ変わったこともあり、販売台数こそ上向きますが、その独自性は失われてしまいました。

初代「セフィーロ」は、決してヒット作とはいえません。それでもバブル期のヤングアダルトたちの志向を正面から受け止め、生み出された「セフィーロ」は、手なバブル期をクールに生き抜こうとした若い世代の姿を映し出すものだったのかもしれません。

1988年発売、初代「セフィーロ」のデビュー時の外観。グレードは、コンフォート クルージング(画像:日産)。