ショーのテイクが同点を狙ってアクロバティックなスローインを敢行

 近年、高校サッカーなどでロングスローが注を集めてきたなか、フランス2部で“スロー”が飛び出した。同点を狙った選手がタッチラインで突如宙返りし、その勢いを利用してゴール前にボールを供給。稀有な発想に、地元メディアは「芸術的」「非効率」と賛否両論となっている。

 アクロバティックな“ショー”が繰り広げられたのは、現地時間10日のリーグ第29節パリFC対ソショーの一戦だった。

 試合はホームパリFCが後半8分にMFセロ・マンドーキのゴールで先制。その後はお互いに決定打を見出せず、1-0のまま後半アディショナルタイムを迎えた。同点に追いつきたい敵地のソショーは、敵の左サイドスローインを獲得。カメルーン代表DFアドルフ・テイクは滑らないように念入りにボールユニフォームで拭くと、大きく助走をとった。

 すると、勢いよくピッチに向かって走ってきたテイクは、突如タッチライン手前でボールを地面について前転。一回転の勢いと強なバネを利用して、ペナルティエリアがけてロングスローを放った。ボールは味方と合わず、相手DFにクリアされてしまったが、アクロバティックな“異色のスローイン”に敵地のスタンドも一時騒然となった。

 フランスレキップ」は「印的な宙返りを見せた」と速報。「フィガロ」も「フットボールピッチであまり見たことのないジェスチャー」と取り上げ、「芸術的、しかし非効率だ」と見栄えを称えると同時に得点につながらなかった“効率の悪さ”を摘している。

 ソショーはその1分後に追加点を許し、試合にも0-2で敗戦。テイクのスローがより際立つ形となってしまった。


Football ZONE web編集部)

カメルーン代表DFアドルフ・テイク、同点を狙ってアクロバティックなスローインを敢行【写真:Getty Images】