ウッズは通算8アンダーに伸ばし、首位と1打差で最終日へ 5年ぶりの復活Vへ高まる期待

 男子ゴルフバルスパー選手権(米国イニスブルックリゾート&GC)は10日(日本時間11日)、第3ラウンドが行われ、復帰4戦となるタイガー・ウッズ米国)は5バーディー、1ボギーの67マーク。通算8アンダーに伸ばし、首位と1打差の2位タイで最終日を迎えることになった。

 5年ぶりの復活Vを全に視界にとらえる中で、この日は9番ホールでのチップインバーディーが話題に。PGA公式ツイッター開すると、「彼は再び勝つに相応しい」とファンボルテージも高まってきた。

 初日から「70」「68」ときて、この日は「67」。ツアーでも屈とされる難コースタイガーが着実に上昇してきた。3日ハイライトは9番パー4だ。

 グリーンからの約10ヤードのアプローチだった。鮮やかなピンクポロシャツに身を包んだウッズは、約6メートルのところにボールを落とすと、ここからラインに乗ったボールは、カップへ一直線に向かった。

 吸い込まれた間の大歓。そして強く右こぶしを握ったウッズ。強かったころの姿が、全にフラッシュバックした。

このチップインは再生回数70万回を突破 「史上最高が帰ってきた」とファンも熱狂

 同ツイッターは「ワオ! タイガー・ウッズが9番でチップインバーディー、首位に並ぶ」と“虎”の絵文字をつけて紹介すると、ファンは大奮。すでに再生回数は70万回を突破し、続々とコメントがつけられた。

「彼が戻ってきた!」
「史上最高が帰ってきた!」
「ゴー、タイガー・ウッズ 戻ってきて嬉しいわ」
「これを考えたら、タイガーは前よりも良くなって帰ってきたね」
「最終ホールでこれ(ガッツポーズ)が見られるのが待ち遠しい。彼は再び勝つに相応しい」
「これは間違いなくファンタスティックだ」

 2013年ブリヂストン招待以来、5年ぶりの復活優勝。その間をもが待っている。(THE ANSWER編集部)

タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】