山崎賢人が“を信じないNo.1ホスト”・旺太郎を演じるドラマトドメの接吻」が11日、最終回を迎える。それに先がけ公式ブログは10日、山崎、そして共演の門脇麦が一緒にピアノで遊ぶオフショットを“アメブロ限定”で開した。

カギを握るのは謎のミュージシャン・春海(菅田将暉)なのか!?

「今回どんな写真UPしようかな…あー、こんなことあったな…このシーン寒かったな…このシーンは…、くっ…っ…ってなりながら見つけました!」とのスタッフコメントとともに開された蔵出し写真に、ファンからは「切ない…」「この2人の写真を見るだけで泣けてきそう」といったがあふれている。

■ 「具」から「かけがえのない存在」へ…

なんて欲しがるから不幸になる」。常々そう口にしてきた旺太郎が、キスで時間を逆戻りするを持つ宰子(門脇)と出会い、そのを使って成り上がろうとしていくさまを描く――そんなストーリーが展開していた「トドメの接吻」。だが、「アナタが幸せになるまで何度でもキスする」「私、アナタの役に立つ具になる」と言い切る宰子に、旺太郎の心にも変化が。「宰子を具だなんて思ってない」と返し、ひっそりと姿を消そうとする宰子を「2人で幸せになるっていう契約だろ!」と引き留めるなど、旺太郎の中で宰子の存在はどんどん大きくなっていた。

だが3月4日放送の9話ラストで、旺太郎は迷いを残しつつも社長令嬢・美尊(新木優子)との結婚式を挙行。その会場で、宰子は留置所から脱走した尊氏(新田真剣)のから身を挺して旺太郎を守り、命を落としたのだった。旺太郎はその場で宰子を抱きかかえ、「戻るぞ!」とキスするが、宰子はすでに絶命していてタイムリープは起こらない。式場には、旺太郎の「こんなのお前幸せじゃねぇだろ…」という叫びがいた――。

心を通わしつつあった旺太郎と宰子の突然の別れに、視聴者の間で衝撃と悲しみが広がった。9話終了後、SNSでは「こんなに切ないドラマとは思わなかった 最後ハッピーエンドで泣きたい」「タイムリープできないってことは、ほんとに死んじゃったんだ。宰子、生き返ってよ!!!」といったがあふれた。

■ 「最後のキスで…」ハッピーエンド願う多数

11日放送の最終回で旺太郎は、一度は宰子の死を受け止め、美尊との未来を歩き出す。だが、和の言葉をきっかけに宰子への気持ちがだったことに気づき、深い悲しみに襲われる。そこへ、ミュージシャン菅田将暉)が現れて自分の正体を告白。その言葉に旺太郎はある決心をする。

視聴者の予想を裏切る展開を見せてきた「トドメの接吻」。その最終回を前に、SNSでは「最後のキス過去に戻って、そこからはもう宰子と旺太郎はふつうのキスができるようになってほしい」「あの船が全ての始まりなのだからもうみんなであの船に戻って尊氏がプレゼントを投げる場所を変えたらいい」など、ハッピーエンドを願うが広がっている。

なかでも注されているのが、まだ正体が不明なままのの存在。タイムリープについて正確に理解していることや、宰子とキスしても過去に戻らないことから、「田くんの正体が気になって仕方ない。もう最後の頼みの綱でしょ」「にもキスタイムリープがある?」「旺太郎キスして、宰子が刺される直前に戻って、そのままチャペルで旺太郎と宰子がキスハッピーエンドってどう?」「~~~!なんとかしてーーー!」といったが上がっている。

太郎が選ぶのは美尊との未来か、宰子との記憶なのか。は一体何者なのか。そして、旺太郎タイムリープに成功して再び宰子と再会することができるのか? 泣いても笑っても今物語に本当の“トドメ”が刺される!

山崎賢人の「崎」は正しくは「立さき」(ザテレビジョン

旺太郎は再び宰子と再会できるの?