TVアニメ化も大きな話題となった小玉ユキ先生原作人気コミック坂道のアポロン』が、知念侑李さん、中川大志さん、小松菜奈さんらキャストを迎え、いよいよ3月10日(土)に全開となります。

昭和時代の長崎を舞台に、高校生たちがジャズに夢中になり、友情や恋愛、さまざまな苦難を乗り越えて成長してく姿が「必泣!」とくも話題の本作。メガホンをとったのは、『ソラニン』『先生!、、、好きになってもいいですか?』で知られる三木孝浩監督です。

青春ストーリーを撮らせたら間違いなし!な三木監督によって作られた本作は、青春まっさかりな皆さんも、大人になった皆さんも、どんな人が観ても感涙必至。しかも辛い涙ではなくて、すごく爽快でスッキリした涙を流せること間違いしなのです。今回は三木監督に作品作りについて、キャスティングについて、色々とお話を伺ってきました。

――映画を拝見しまして、大変素らしく、感動しました! まずは原作を読んだ時の感想を教えていただけますでしょうか?

三木小玉ユキさんの作品は、友人に薦められて読んだことがあって。『坂道のアポロン』はアニメ化された際に読み映画実写化のお話をいただく前から好きな作品でした。少女漫画なのに時代物でジャズテーマにしていて、男性でも夢中になれるストーリーで。アニメも、渡辺信一郎さんが監督で、菅野よう子さんが音楽を担当するというな布で、素らしかったですね。だから「このアニメえられるのか?!」というのが、映画化が決まった時の正直な感想です。特に文化祭セッションシーンはどうやって撮ろう、これをこなせる役者がいるのか、と頭を抱えました。

――なるほど、最初は悩まれたわけですね。でも、文化祭シーンも、他の演奏シーンも素らしかったです。

三木音楽シーンが肝となる作品は、以前よりやってみたかったので、大きな挑戦になりました。

――特にジャズというジャンルは難しそうです。

三木普通に考えて謀だと思います(笑)。『ソラニン』(2010)でご一緒した、音楽に造詣が深い久保田修プロデューサーに本作の映画化の話をしたら、「一番謀な所に手を出したね」と言われました。即演奏するジャズを、役者が”コピ”するのは理だろうと。撮影のためにプロジャズミュージシャンの方に演奏してもらった時も、「二度と同じ事は出来ない」と言われました。そんなジャズを、2人の役者演奏してピッタリうというのは奇跡に近いだろうと。演じてくれた知念くんと中川くんは大変だったと思います。

はこれまでに多くのミュージックビデオライブを撮らせていただいていますが、本作の演奏シーン映画を撮るというよりも、ライブを撮る感覚でした。文化祭シーン以外にも、ディーン・フジオカさん、中村さんが加わって地下室で4人でセッションするシーンなど、どの度から撮ってもいいように皆さんが演じてくださったので、本当に感謝しかありません。

――今回の映画化のお話がスタートしたのは、大体いつ頃からなのでしょうか?

三木やかんやで3年ぐらい前からだったと思います。別の作品の合間にも、『坂道のアポロン』のラストシーンに出てくる教会を佐世保まで見に行ったりして。だから、実際に撮影でまた佐世保を訪れる事が出来て嬉しかったです。

――どこに一番時間がかかりましたか?

三木やっぱり、と千太郎キャスティングですね。演技はもちろんですが、特に、ある程度楽器演奏ができて、音楽的な素質を持っている役者というのは、難しい条件でした。ただし、決めるのは大変でしたが、そこさえ決まれば大丈夫だとも思っていました。

そんな中で、知念君が少しピアノを弾けるらしいという噂が流れてきて、中川君もドラムをかじったことがあるらしいと聞いて。実際には、知念くんはピアノはほとんどやったことがなかったそうなのですが(笑)と千太郎身長差とか、この2人は雰囲気も原作にピッタリで。そして2人とも想像以上に練習を頑ってくれたので、本当にありがたかったです。2人が本作の現場を引っっていってくれました。

――知念さんは楽譜が読めなかったそうで、演奏導の先生の動きを”コピ”して演奏していたそうですね。

三木その話、何度聞いても「どういうこと?!」って信じられないんですよね(笑)先生の両の動きを真似て記憶する事が出来るって、本当に信じられない!すごいだと思います。

――本作が映画単独初演となる知念さんですが、ご一緒されていかがでしたか?

三木知念君は、穏やかで謙虚なところが素らしかったです。本作では座長という立場なのですが、周りを立てて大切にしてくれているなと感じていました。映画では、中川君演じる千太郎という役柄が常にく大きな存在で、知念君演じるはその隣で優しくっているという、か。そういったキャラクター性を、彼は常に大事にしてくれていたのだと思います。ピアノ練習も、こちらが驚くくらいのレベルまで仕上げてきてくれました。

――と同じような謙虚さをもっていたと。中川さんはいかがですか?

三木ピアノもそうですがドラムもやっぱりとても難しくて。ドラムは同じようにいたとしても、いた人のキャラクターがより強く出てしまう楽器だと思うんです。だから中川君は、「千太郎ならどうくか」を考えて演技しながら演奏しなければいけなくて。実は、千太郎が一番、現実にはなかなかいないキャラクターだと思うんです。大変だったと思いますが、中川君は体格から千太郎に似せて作ってきてくれましたし、外に放つが強い分、暗い影を持っているという難しい役柄を摯に演じてくれました。

――現在知念さんが24歳、中川さんが19歳と少し年齢差があるお2人ですが、本当の同級生のような関係性が魅的でした。

三木2人は実際に仲が良いということもあって、現場では年の差は全然感じなかったですね。

――小松菜奈さんは、他作品で過だったりちょっと変わったキャラクターも演じられていたので、素で純律子の役が新鮮でした。

三木素の菜奈ちゃんは、律子に近いんだろうなって思うんですよね。優しくて気遣いで、末っ子キャラというか、みんなにされる感じ。ある意味律子の役柄は、一番難しい気もします。と千太郎演奏を拠り所に出来るけれど、律子は2人がどれだけ努してきたのかを見てからでないと演じられないので。リアクション勝負のキャラクターですし、2人を見つめる律子線がくてはこの物語は成立しないんです。それに加えて、10年という日も感じさせないといけない。菜奈ちゃんのおかげで、素晴らしい律子が作り上げられたと思います。

――本作は、演奏シーンはもちろん、青春シーンのきらめきも素らしくて。監督のどの作品を観ても思うのですが、大人になっても、こんな素敵な青春を描けるのはどうしてですか?!

三木大人になれていないからじゃないですか(笑)。それに、青春映画が大好きなんですよね。自分が映画に影を受けたのが10代後半からで、特に青春モノを観て「こういう作品を作ってみたいな」と思っていました。自分が映画を撮れるようになってからも、未成熟で未完成な人物を描きたいなと思うんです。特に『坂道のアポロン』は、昭和時代の佐世保が舞台で、時代背景もすごくワクワク出来る設定なので。現代のように情報にあふれていないからこそ、ジャズに心身をそそぎこめて、人間関係も濃くて繊細で…すごく良い時代だと思いました。はもともとジャズに詳しいわけではないのですが、本作でジャズの即の魅を認識して「ジャズっていいなあ」と思ったので、この映画で、今の若い子たちがジャズカッコよさに触れるきっかけにもなってくれたら嬉しいですね。

――私も若者の感想を聴くのが今から楽しみです! 今日は楽しいお話をどうもありがとうございました

坂道のアポロン現在開中!
http://www.apollon-movie.com/

(C)2018 映画坂道のアポロン製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

―― やわらかニュースサイトガジェット通信(GetNews)』