アントニオ・コンテ監督は、チェルシーが4位以内(チャンピオンズリーグ出場圏)でシーズンを終えるためには、これ以上のポイントを落とす余裕がないとった。イギリスメディアスカイスポーツ』が10日に伝えている。

 現在5位のチェルシーは10日のクリスタル・パレス戦を2-1で勝利。暫定で4位トッテナムに2ポイント差まで詰め寄っている。コンテはこの試合の勝利が重要な意味を持ってくるとった。

「この勝利はとても大きい。(来季の)チャンピオンズリーグ出場権獲得をす中で、もう勝ち点は落とせない。選手達はよくやってくれた。特に前半は非常に良かったね。試合を支配し、何度も決定機を作った」

 コンテ監督は、14日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグバルセロナ戦を見据え、次のようにコメントを残した。

今日の試合とバルセロナとの試合はまったく違ったものになると思う。世界最高のチームの1つとの対戦だ。十分に警を払って、ファーストレグと同じ集中を保っていきたい。ファーストレグは本当に良い試合をした。最後の失点がければ、ほぼ璧な試合だったよ」

「簡単な試合でないことは分かっている。でも、バルセロナ戦にはベストな戦略が必要だ。選手達と話し合い、一緒になって戦略を模索していくよ」

チェルシーのアントニオ・コンテ監督 [写真]=Getty Images