興味のない男性にしつこく付きまとわれると、嫌になってしまいますよね。

同僚や取引先の場合、失礼な扱いもできないし……

絶対に付き合うことはない!と思っているのに、どうしたら相手に分かってもらえるのだろうと途方にくれてしまうことも。

気が強い人なら、ピシャっと言えるのでしょうが、私のような気弱人間はそんなこともできず。

男性がいつまでもしつこく付きまとうような場合、もしかすると自分の行動に問題がある可性も。

今回は、自分にその気がまったくいにもかかわらず、相手がエスカレートしてしまう(実際に、してしまった)行動をお伝えします。

危険行動①みんなの前で名前を呼んだり、褒めたりする

仕事では、もちろん相手の名前を呼ばないと始まらないですよね。

でも、みんなの前で自分の名前を呼ばれると、(特にうぶな)男性は自分が相手にとって特別な人間なんだ!と思い込んでしまうことも。

しかも、名前を呼ぶだけではなく、プラスしてお礼を言われたり、褒められちゃったりした日にはもう想像はエスカレート。もう舞い上がって、止まらなくなってしまうのです。

危険行動②個別におみやげを渡す

たとえば、休暇を取って旅行に行くとします。

当然、職場の人にはおみやげを買ってきますよね。

その際、大したものではなくても個別におみやげを買って、相手に渡してしまうと、プレゼントをもらったと勘違いしてしまう相手もいます。

「好意を抱いている相手に、何かを個別にもらう」のは、妄想を加速してしまうようです。

そうならないためにも、おみやげは大量に入ったや袋のお菓子でみんなにシェアしてもらうものにしましょう!

危険行動③会社の飲み会などを直接誘う

もちろんデートのことではありません。

大人数の飲み会であっても、あなたから直接その人を誘ってしまうと、「え、、誘われた!?」とかつてない衝撃を相手に与えることに。

仮に職場のイベントであっても、個別にそういう可性がある男性をかけるのは避けたほうがいいでしょう。

こんな極端な男性いるのかな、と思う人もいるかもしれませんが、、、経験上、必ずいますね。

気弱な女子は、ついつい相手にやさしく、親切にしてしまいますが、そうするとさらに面倒な状況になりかねません。

いろいろご紹介しましたが、自分の常識ではたいしたことではない、と思っていることでも、あなたに関心を持っている相手にとっては、、、その常識が通用しません。

想像外の部分でがっちりとハートをつかんでしまうこともありまして。

特に最近の若い世代(20代)で恋愛慣れしていない男性や、いかにもモテなそうな中年男性(失礼な言い方ですが)には、細心の注意を持って接しましょう。

私みたいにハッキリ言えない女子には、断わるのはキツイので、余計な行動をしないに限るのです。(ハラ マキライター

カツ編集部)

iStock-492782712 (1) (1)