高校時代は西東京甲子園出場争った2人、2年秋には5打席連続三振

 日本ハム清宮幸太郎内野手DeNAの桜井周斗投手が、プロの舞台で初対決した。11日に鎌ヶ谷で行われたオープン戦。6回2死満塁で、2人の対戦が実現した。

 この回からマウンドに上がった桜井は制球に苦しみ、2つの四球で2死二、三塁に。清宮の前の打者が2ボールとなると、ラミレス監督が申告敬遠とし、対決の舞台が巡ってきた。

 初球はスライダーで空振り。2球目はスライダーファール。清宮は2球で追い込まれ、3球目は外角低めいっぱいのストレートで見逃しの3球三振に倒れた。清宮は1打席目、2打席目も三振に倒れており、3打席連続三振。オープン戦7試合で18打席連続無安打が続いている。

 清宮は早実、桜井は日大三高の出身で、高校時代は西東京甲子園出場を争ったライバル。2年秋には、桜井が清宮を5打席連続三振に仕留めていた。(Full-Count編集部)

DeNA・桜井から三振を取られ苦笑いする日本ハム・清宮幸太郎【写真:(C)PLM】