先発ルーキー高橋が3回1失点、岩貞が5回2失点

 阪神が、ようやくオープン戦初勝利をあげた。11日、甲子園で行われた巨人戦。5番の大山、6番の陽川尚将が2得点、7番の中谷将大が2安打2打点と下位打線が繋がり、巨人に快勝した。

 1点を先制された4回1死一塁から大山左前安打、陽が右前適時打、中谷左翼フェンス直撃の適時二塁打の3連打に、巨人先発中川皓太の失策高山俊の右前適時打が重なり、一挙に3得点をあげて逆転に成功した。

 同点とされた6回にも先頭の大山二塁打を皮切りに、中谷の適時二塁打などで3得点を挙げて勝ち越しに成功。投げては先発ドラフト2位ルーキー高橋人が3回3安打1失点、2番手の岩貞祐太が5回4安打2失点と、それぞれがまずまずの投球を見せた。最後はドリスが試合を締めくくった。

 ここまでのオープン戦7試合で0勝6敗1分と、12球団で一、オープン戦未勝利が続いていた阪神。8試合でようやく初勝利を掴み、本拠地のファンも一安心といったところだろう。(Full-Count編集部)