長崎大学が、行方不明になっているブリを探しており、発見したら連絡がほしいと告知している。ブリ実験のため放流されたもので、現時点で、どこにいるのかまったくわからない状況のようだ。

ブリに特殊な記録計
ブリを探しているのは、長崎大学バイオギング研究室の河邊教授ブリには研究のため特殊な記録計が取り付けられており、長崎県五島山沖から放流されたという。以下は、長崎大学バイオギング研究室のコメントである。

長崎大学バイオギング研究室のコメント
【知り合いの皆さん(に漁師さん・釣り人)へのご協お願い】

平成303月7日に、ブリ雌親(15個体)に深・温・体温・位置情報を1年間記録できる電子標識を取り付けて長崎県五島山沖から放流しました。

1. 調
この調的は、ブリ産卵回遊行動及び産卵場の詳細を調べることを的とした科学調です。(例えば、産卵期にどのような域を回遊しているか、またどのような温構造のを彼らは選んでいるか、など)

五島崎山港外の定置網に入網した均で10kgの大ブリの””おの中””に記録計を装着して放流しております。

2. お願い
1)データを得るには記録計を””回収””する必要があります。背びれの基部に標識が2本付いています。そのようなを発見されたら、部を確認して下さい。おから電線のようなものが飛び出しているはずです。電線状のものは理に引っらずに、おを開いて記録計を取りだして下記宛先まで着払いで送って下さい。

2)
産卵回遊行動を調べるのが的ですので、再捕されたも可であれば送って頂けると助かります。放流個体の生殖腺の状態(産卵の有)や年齢・成長などを調べるのに使いたいです。

3)情報拡散のお願い
背中黄色標識が付いていたり、おから電線が出ているブリが漁獲された、あるいは知り合いがおかしなブリを見つけたなどの連絡があった場合はポスターに載っている連絡先に連絡いただくか、河邊まで連絡いただけると大変助かります。

この調に協していただいたのは、五島崎山の漁師さん(林田さん)です。々の調は現場の漁業者の皆さんの協くしては成り立ちません。いつもいつも本当にありがとうございます。また、皆さん、情報拡散をよろしくお願いします。

長崎大学 河邊
河邊 (KAWABE Ryo) Ph.D.

長崎大学未来イノベーション機構
環東シナ海環研究センター教授
851-2213 長崎市多以良町1551-7
email: kawabe@nagasaki-u.ac.jp

釣りや漁などで発見したら!?
河邊教授はこの情報拡散希望しており、インターネット上で広く情報を集めている。もしあなたが釣りや漁などで記録計がついたブリを発見したら、至急、長崎大学バイオギング研究室まで連絡してほしい。

・まさに世界に一匹だけのポケモン
ブリ長崎県五島山沖から放流されているが、予想外速度で移動し、予想外の場所に現れるかもしれない。まさに世界に一匹だけのポケモン。希少な存在であり、ぜひ発見したいものである。

もっと詳しく読む: 長崎大学が行方不明のブリを探しています / 記録計がついたブリを発見した人は至急連絡してください(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/10/buri-biologging-nagasaki-university/