放送中の連続テレビ小説「わろてんか」(毎週土曜8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)に出演する堀田由が、滋賀大津市で開催された「第63びわ湖開き」に登場した。

【写真を見る】堀田はアミューズ主催の「オーディションフェス2014」を受賞した期待の新人女優!

イベント堀田は、大観光船「ミシガン」の一日船長に就任。自身も滋賀県出身であることを明かし、「こういった歴史ある行事に参加させていただき、大変光栄でした。滋賀県には何もないとか思われがちですが、お祭りが盛んな地域もありますし、全的にはまだ知られていないご当地グルメもあったりと、県外の方も一日中遊べるような魅があるので、ぜひ多くの方にお越しいただきたいです」と話した。

「わろてんか」は3月12日()より、第24週を放送。残すところあと3週間となっている。

「私が演じる藤岡りんの・新一(千葉雄大)のセリフに『つらい時こそ笑うんや』というせりふがあるのですが、ふとした時に勇気づけられる言葉で、そんなせりふにも助けられた約10カでした」と振り返る堀田は、

「私も最終週に再登場します。戦争しくなってきて、のてんちゃん(わかな)たちが滋賀県に疎開するのですが、私はそこで迎え入れる役です。そのシーンが久しぶりのとの再会シーンでしたし、戦後どうやって皆が立ち直っていくかにもご注ください!」とアピールした。

本作の脚本家である吉田智子氏も、自身のTwitterで「あの柔らかな、いつまでもに残る。役者だと言うけれど私もそう思う。京都編、後ろでの泣き芝居等、DVD何度も戻して細かく見直してしまった。おトキもだけど、ああいう芝居はまず監督らから届くし、こちらも自然とまた描きたくなる」と堀田の演技を絶賛。

これに堀田が「吉田さんありがとうございます!!! また、お仕事ご一緒できるように、がんばります」と返せば、吉田氏からは「1日船長お疲れ様でした。また是非!」と、思わずほっこりしてしまうやりとりが繰り広げられた。(ザテレビジョン

堀田真由が「第63回びわ湖開き」で一日船長に