いまだその人気は衰え知らずのようだ。

 今、最も勢いがあるアイドルグループの一つ・乃木坂46卒業メンバーたちの活躍ぶりがここに来て顕著だ。結成から6年東京ドーム演にたどり着いている同グループだが、最近は生駒里奈を筆頭に要1期生メンバー卒業が相次いでいる。公式ライバルグループAKB48グループOGたちも、グループ卒業後はなかなかメディアに出演することができず、ソロで活動していく難しさを身をもって知っていることが推察できるが、対照的に乃木坂OGたちは順調なスタートを切っているメンバーが多い。

「まずは昨年12月乃木坂卒業したばかりの伊藤万理芸術的センスにあふれ、乃木坂内でも独特のキャラクターポジション確立していた伊藤は、卒業2カ後の2月20日、自身22歳の誕生日写真集『エトランゼ』をリリースしていますが、ここで水着アンダーエア姿も解禁しており、キュートヒップがかわいらしく、大好評です。実は、卒業後の発売とあって売り上げ面も心配されていましたが、初週で2万部を売り上げ、『写真集部門』の2位ランクイン。“恐るべし、乃木坂効果”と言えるでしょう」(アイドルライター

 また、卒業して業界で活躍するメンバーの中では、最も乃木坂時代に人気を獲得していた深麻衣も昨年舞台「スキップ」で舞台初演。今年2月には「パンバスと2度のハツコイ」で映画初出演にして初演しています。

「また、深2月24日に放送されたバラエティ番組『全! 脱タイムズ』(フジテレビ系)にゲストコメンテーターとして出演。キャラに似合わず、ボケを連発するという立ち位置でしたが、そこにも難に対応してバラエティ番組でも全然やっていけるという可性を示せたのも大きい」(前出・アイドルライター

 さらに4月になれば、2014年グループ卒業していた玲奈日本テレビアナウンサー職で入社。今後は番組で乃木坂の絡みが見られることが期待できるために、そのあたりもファンとしては楽しみなところだろう。

石田

アサ芸プラス