2018明治安田生命J1リーグ第3節が11日に行われ、湘南ベルマーレ名古屋グランパスが対戦した。

 先に決定機を作ったのはアウェイ名古屋17分、左CKのこぼれ球を八反田康が右足ボレーで狙うと、GKが弾いたボールジョーが反応したが、シュートはわずかにの右へ逸れた。

 さらに42分にはペナルティエリア手前左から青木亮太が右足でミドルシュートを放ったが、GK秋元陽太が先で触れたボールクロスバーいた。

 名古屋70分、カウンターを仕掛けると、ドリブルでエリア手前右まで運んだガブリエルシャビエルが左足でミドルシュートを放ったが、ここはGKにキャッチされた。一方の湘南は直後の71分、エリア手前中央から野央が左足で狙ったが、GKランゲラックのセーブに阻まれた。

 78分には名古屋が大きなチャンスを迎える。ジョーシャビエルコンビで中央を突破すると、エリア内中央でラストパスを受けた青木が右足で狙う。しかし、シュートの右に外れた。

 終盤は名古屋が敵に押し込む時間が続いたが、湘南が最後までゴールを許さず、このままスコアレスタイムアップを迎えた。湘南はこれで1勝2分けと敗を維持。一方の名古屋も、開幕3連勝は逃したものの、2勝1分けと敗をキープしている。

 次節、湘南は18日にアウェイFC東京と、名古屋は同日にホーム川崎フロンターレと対戦する。

スコア
湘南ベルマーレ 0-0 名古屋グランパス

湘南ベルマーレと名古屋グランパスが対戦した [写真]=J.LEAGUE