3月2日に「第41日本アカデミー賞」の授賞式が行われ、是枝裕和監督映画三度殺人」が作品賞や監督賞を含む6冠にいた。

是枝監督はいまや日本を代表する映画監督となりました。内ではもちろん、海外からの評価も非常に高い。13年の『そしてになる』では、今回の『三度殺人』にて弁護士役を務める福山雅治が初の父親役を演じ、第66回カンヌ国際映画祭で審員賞を受賞しています。今後も彼の時代は続くでしょう」(映画関係者)

 本作ではその福山に加え、役所広司吉田太郎斉藤由貴広瀬すずなどそうそうたるキャストが出演。いまや“是枝組”の一員になることは勝ちに乗るのも同然であり、数多くの俳優是枝作品への出演を熱望している状況だ。

木村拓哉是枝作品に出演したがっているともっぱらの噂です。というのも木村映画出演が多いものの、未だに日本アカデミー賞とは縁。ジャニーズ事務所では先輩の本木が08年に『おくりびと』で最優秀男優賞にいたほか、最近では14年に『永遠の0』で岡田准一が、翌15年には『と暮らせば』で二宮和也も同賞を受賞。その一方で木村は06年の『武士の一分』で優秀男優賞にノミネートされたものの、当時はジャニーズ事務所が賞レースに参加しない方針だったため、辞退していたのです。それゆえ今もっとも乗っている是枝作品に出演することで、受賞を狙いたいと思っても不思議ではありません」(前出・映画関係者)

 はたしてキムタク演の是枝映画は実現するのか?

山信一)

アサジョ