和文化雑誌『ぶ -江戸 かぶく 現代-』が3月9日(三九滅)に創刊された。

『ぶ』は、「江戸」「かぶく」「現代」をテーマとした和文化雑。中目黒着物店・KAPUKIを運営する株式会社KAPUKIが、フォトグラファーのプロデュースのもと立ち上げた。

革新的な(かぶいている)日本の表現者たちの作品を、"を直接刺する"ようなインパクトのある写真で、大誌面に掲載しているとのこと。加えて、活動の背景にあたる“ジャパンオリジナルの心”をインタビューとして紹介するという。

創刊号の表は、ビールペン画で知られるイラストレーターSHOHEI大友)氏による作品。特集として、パンクバンド切腹ピストルズのライブ写真インタビューを始め、人・松村亮氏のフォトストーリーインタビューモデル秋元ファッションディレクターに迎えて8名のミューズが登場する“浮世絵現代”などのビジュアルページも収録している。

着物ハイファッション「浮世絵現代」より秋元梢(中央)、夏木マリ(左)、シシド・カフカ(右)

着物ハイファッション浮世絵現代」より秋元(中央)、マリ(左)、シシドカフカ(右)

松村宗亮氏のかぶく茶の湯

松村亮氏のかぶくの湯

さらに、染織史・飾史研究丸山教授江戸文化論や、菱師宣氏の遅咲きのアーティスト論、現代を生きた江戸人・杉浦日向子氏の著書に読む現代人へのメッセージなど、読みページも充実している。

「NEO舞台」パフォーミングアートより花柳凜(左)、武楽座 源光士郎(右)

NEO舞台」パフォーミングアートより(左)、武楽座 士郎(右)

編集長・氏のコメントは以下のとおり。

腰塚光晃(編集長)

江戸にあった最高にいい感じな価値観を知ってしまったので、その最高を皆様に知って欲しく、本にしました。

加えて、和をテーマにした最高に面い表現をしている人たちとの出会いもまた、本書の制作を後押ししています。まさに、「読まないと日本人として損をする」本になったと自負しています。

太古の昔から、すべての物事は行き過ぎて終わることはなく、ほとんどが逆戻り、つまり"リバイバル"しています。レコードだって、商店だってリバイバルしています。その点、江戸をうまくリバイバルさせることができたら、この世界で一番楽しいになるかもしれません。こんなに沢山のコンテンツと戻るべき価値観を有するは他にはないのです。ぜひ、本書でその一端にふれてみてください。

画家SHOHEI(大友昇平)氏のボールペン画による表紙