自分が話さない外国語文字タトゥーで入れる人は結構多い。その文字の意味を知らないまま入れてしまうケースもあるのかもしれない。今回、飛行機内で撃されたのは、なんと漢字の「味噌」のタトゥー海外メディアMirror Onlineが伝えた。

【写真】タトゥー好きで有名な「デヴィッド・ベッカム」フォトギャラリー

 このタトゥーに気づいたのはカリフォルニア、テンプル・シティ在住のアルトン・ウォン飛行機内でたまたま隣に座っていた女性の「味噌タトゥーに気づいた彼はツイッターにその画像を投稿。その女性はおそらくその意味を知らないと推測した彼は、「このタトゥー中国語日本語味噌という意味だと告げる勇気はない。彼女が本当に味噌汁が好きじゃない限り」とコメントしている。このツイート7500以上の「いいね」を得ている。

 もちろん、彼女味噌が大好きでこのタトゥーを入れた可性も多いにあるわけだ。しかし、同メディアは「北京語/広東を話すタトゥーアーティストは、大な欧人と楽しむのが大好きだ」と加えている。

 このツイートを受け他のユーザーからも漢字タトゥー事例が寄せられ、「海老炒飯」「焼饅頭」「少年」の意味を持つタトゥー情報が寄せられている。

タトゥー好きなひとり、デヴィッド・ベッカム(C)Zeta Image