インターネットサービスUBER」(ウーバー)が、東南アジア市場から撤退することが判明した。UBERアプリ世界共通で使用でき、日本でもタイでも同じアプリで配できたが、サービス終了後は東南アジアで使用できなくなる。

・従来のUBERブランドを使用できなくなる
現在UBERサービス提供しているドライバークルマは、そのまま同業他社の「GrabTaxi」(グラブタシー)に譲渡される予定である。それによりドライバーが失業することなく負担は最小限になるようだが、従来のUBERブランドを使用できなくなるのはドライバーとしても痛い点かもしれない。

・より安心して乗ができる
東南アジアにおいて、UBERは非常に人気があるサービスだった。なぜなら、欧UBERは運賃が高額になる場合が多いのに対し、東南アジアは格安なだけでなく、治安が心配される地域でも「より安心して乗ができる」というメリットがあったからである。


UBER利用者の
日本でもたまに使用しますが、なにより東南アジアで利用するUBERが便利すぎて素晴らしい普通タクシーと同額かそれ以下で乗ですし、ボッタクリが心配されるでもボッタクリ皆無。乗りたいところまでスムーズに来てくれるし、これほど便利な歯医者サービスはほかにないと思っていました。東南アジアUBERが消えると知って、非常に残念です」

バイクUBERも存在していた
東南アジアタイでは、クルマUBERだけでなく、バイクUBERも存在していた。今後GrabTaxiにサービスが譲渡されることになっているが、同様のクオリティと価格でサービス提供されるのかどうか、非常に気になるところである。

もっと詳しく読む: UBERが東南アジア撤退で消滅決定 / 日本人利用者「激安で便利すぎるのに残念」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/11/uber-grab-taxi/