史上初の2度の4回転に成功、トルソワの演技に衝撃続く

 フィギュアスケート世界ジュニア選手権(ブルガリア)は10日、女子シングルフリーが行われ、13歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)は女子では史上初となる2度の4回転ジャンプに成功。ノーミスの演技で153.49点をマークし、合計225.52点はシニアを含めても歴代5位の好スコアだった。海外メディアからは「前代未聞」「とんでもない演技」など称賛のが上がっていたが、“元祖天才少女タラ・リピンスキーさんら先輩ケーターも驚愕している。

 平昌五輪アリーナザギトワ、のエフゲニア・メドベージェワと同門の13歳は冒頭の4回転サルコーに成功。スケート連盟認大会で、女子では安藤美姫さん以来となる同ジャンプを成功させると、女子史上初の4回転トーループも着氷。同じプログラムで史上初の2種類&2度の4回転ジャンプを決めた。

 13歳が起こした衝撃はさらに拡大。放送局「NBC」の人気解説者コンビがそれぞれ自身のツイッターで、驚異の13歳を絶賛している。

先輩たちも驚愕の演技 リピンスキーさんは「4回転革命を始めようとしている」

 1998年長野五輪で、史上最年少の15歳8か金メダルを獲得した“元祖天才少女”リピンスキーさんは「4回転はもはや男子だけのものではない。フィギュア女子たちは彼女たちの4回転革命を始めようとしている。歴史今日刻まれた。アレクサンドラ・トルソワが女子大会で2度4回転を跳んだ初の選手に…13歳で!」と記し、衝撃の大きさを伝えている。

 また全選手権3連覇などの実績を誇るジョニー・ウィアー氏。羽生結弦ANA)が憧れたことでも知られ、衣装デザインしたこともある米国人も「アレクサンドラ・トルソワが2つの異なる4回転を跳んで歴史を作った! 4回転トーループと2度の4回転を跳んだ初の女性ケーター。すばらしい! 彼女は13歳。オリンピックなら4位に入る」と奮気味につづった。

 ロシアに現れた“超新星”が起こした衝撃の余韻はまだまだ収まりそうにない。(THE ANSWER編集部)

圧巻の演技を披露したアレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】