特にや元宵節に食べられることが多い、中国の絶品スイーツ「湯円」または「水晶湯円」をご存知だろうか。中国各地でされている団子スイーツで、台湾日本沖縄でも食べることができる極上スイーツである。

団子モチモチ感と餡子の甘さ
湯円はもち米やタピオカ粉で団子を作るのが一般的で、温かくて甘いスープ団子が浸された状態で食べるのがポピュラー。甘いのは甘いが、しつこい甘さはない。団子モチモチ感と餡子の甘さ、そしてスープさわやかな甘さが味のグラデーションを作る。

爽やかな後味を生む
甘いスープに浸されたスイーツは、中国台湾だけでなく、タイなどアジア各地に存在する。固形のスイーツ自体には強い甘さがあるものの、スープほのかな甘さによって爽やかな後味を生むのだ。

日本国内でどうしても食べたい人は!?
日本国内で湯円やその亜種を食べることは難しいが、提供している店が皆無というわけではない。東京都内の中華料理店や、沖縄の一部では食べることができるので、どうしても食べたい人は問い合わせて水晶湯円があるかどうか調べてみてはいかがだろうか。

日本でも材料は入手可
ちなみに、この湯円は手作りで作る庭も多く、日本でも材料は入手可。どうしても食べたいが提供している店が近くにない人は、中華食材店などの店で購入し、手作りしてみてはいかが? ちなみに、タピオカ粉を使ったほうがクリスタルのように透明感が出て美しく仕上がる。


もっと詳しく読む: 中国の絶品スイーツ「水晶湯円」が本気で美味しい件 / フォトジェニックでインスタ映え最高(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/11/tangyuan/