日本AV女優が、韓国ガールグループとしてデビューすることが決まった。

 3人組ガールグループHONEY POPCORN」(ハニーポップコーン)として韓国デビューするのは、三上亜、松田美子もこ。いずれも元アイドルであり、AVファンの間ではよく知られた人気女優たちである。3月14日ミニアルバムビビバビディブー』をリリースし、同日にデビューショーケースも行われる予定だという。

 そもそも、日本AV女優韓国で根強い人気を集めてきた。

 例えば、韓国ファンミーティングを行うAV女優も少なくない。韓国メディア朝鮮日報」によれば、最初に行われたのは、2015年12月に開かれためぐりのファンミーティングだったというが、以降も、蒼井そら辰巳ゆいつかさなどがファンミーティングを行っている。

 昨年末に開かれた浜崎緒のファンミーティングも、その日、着用していた下着の即売オークションなどが行われ、大盛況となっていた。同メディアによれば、これまで日本AV女優ファンミーティングは10件以上開催されているという。

 また、日本AV女優韓国オンラインゲーム広告に登場することも。さらに、羽田あい、浜崎緒、西野翔桜木などは、韓国動画配信サイトPOPKON TV」でライブ映像を配信し、大反を呼んでいた。

 さらに、RIOとみひろは韓国ドラマに出演したこともあるし、蒼井そらなどはファンクラブまで存在していたほどだ。

 ただ、日本よりも規制の厳しい韓国では、日本のAVは淫乱物に当たり、流通が禁じられている。流通した場合は、情報通信網法の淫乱物流通罪に該当するが、それでも韓国日本AV女優人気を集めているのはなぜか。

 その一因には、闇ルート日本のAVが出回っていることがある。個人間での動画の受け渡しなどもその中には含まれるが、な手口となっているのは、インターネットを通じて視聴する方法だ。

 2000年代中盤から、海外サーバーを置いて動画提供するサイトが増えはじめ、日本のAVなどが流通するように。欧ポルノ動画なども扱われていたが、出演者が同じ東洋人であり、内容や企画の質も高い日本のAVが圧倒的な人気を獲得した。

 その後、ファイル共有ソフトP2Pソフトなども登場。会員数100万人に及んだ韓国最大のアダルトサイトソラネット」なども支持を拡大し、現在インターネットを通じて日本のAVを視聴する韓国人は絶えない。

 また、韓国の成人映画日本AV女優が多数出演していることも、知名度を上げている一因だろう。韓国の芸記者言する。

「闇ルートで入ってくる日本のAVに押されて、韓国のAV市場は壊滅状態です。そんな中、逆に作品数を伸ばしているのが18歳以上禁止の成人映画。その成人映画で活躍しているのが日本AV女優なんです」

 実際、里見ゆりあは『さとみを探せ』という韓国の成人映画に出演したし、辰巳ゆいは『AVアイドル』という成人映画韓国女優ヨ・ミンジョンと絡んでいた。

 こうした経緯があり、日本AV女優韓国でも人気を集めているわけだが、それだけに、今回の「HONEY POPCORN」のデビュー韓国でも話題を呼んでいる。

 全を含め複数の韓国メディアがこのニュースを報じているし、昨年に韓国ファンミーティングを開催するなど人気の高い三上亜などは、「韓国ガールグループとしてデビューする日本AV女優三上亜”とは?(映像付き)」(アジア経済)、「“日本SKE48出身”三上亜、3人組ガールグループHONEY POPCORNとして内上陸」(韓国経済TV)などと、単独で扱うメディアまであったほどだ。

 また、ネット民の反も大きい。ネット上には、「亜ちゃん、応援するね」「歌番組はティッシュを準備して観なきゃね」「規制に苦しむ韓国人男性を救う女神たちだ」といったコメントが寄せられている。中には、「売婦が韓国アイドルなんて、ありえない」「子どもたちに見せる気か? 事務所奴隷だな」といった否定的な意見もあったが、いずれにしても、注を集めていることは間違いない。

 はたして彼女たちは韓国で、AV女優としてだけではなく、ガールグループとしても人気を集めることができるだろうか。
(文=S-KOREA

参考記事
・元SKE48三上亜らセクシー女優3人によるガールグループが衝撃の韓国デビュー!!
http://s-korea.jp/archives/30142?zo=1
蒼井そらだけじゃなかった!! 韓国を熱狂させる日本の「セクシー女優」たち
http://s-korea.jp/archives/26410?zo=1

 

HONEY POPCORN 公式インスタグラム(@honey_popcorn314)より