東日本大震災から7年を迎えた3月11日ケンチ(EXILEEXILE THE SECOND)、世界EXILEFANTASTICS)、Flowerの重留波、中島美央が、宮城県仙台市EXPG STUDIO仙台校で、ダンス教室『夢の課外授業』を開催。岩手県の小中高生を招待し、東日本大震災の復支援ソング「Rising sun」の振り付けを導した。

左から、Flower重留真波、中島美央、橘ケンチ、世界

左から、Flower重留波、中島美央ケンチ、世界

EXILEは震災発生直後から、被災地への炊き出しや物資支援、義援の寄付など、精的に復支援活動を行っており、も毎年、宮城・気仙沼と南三陸町にいる知人のもとへ足を運んでいる。は「昨日も気仙沼と南三陸町に行ってきました。建物も建ってきて、見たは復が進んでいるように思うのですが、現地の方々に話を聞くと、だんだん人口が減っている話とか、まだまだ物が不足しているという話を聞いた」と明かす。さらに「日が経つにつれて、だんだん世間の関心が薄れてきている感じはしますが、3月11日らにとっても初心に帰らせていただく大事な節なのかなと思う」とっている。

この日は、岩手の沿部で被災に遭った9歳から17歳の子どもたち29人と共に復支援ソング「Rising Sun」で汗を流した。世界が「みんな純で最初は緊して硬かったんですけど、ダンスを踊っているうちに体も表情もやわらかくなっていって、ダンスを楽しんでいて嬉しかった」と話すように、子どもたちはステップも多く体も使う「Rising Sun」の振りにも一生懸命食らい付き、60分のダンスレッスンが終わるころには、全員が最初から最後まで振り付けを踊れるようになっていた。重留も「子どもたちがダンスを楽しむ姿に自分たちがパワーをもらいましたし、みんなのダンスの覚えがかった」と喜ぶ。

ダンスを楽しむ子どもたちの姿に、世界は「7年前にすごく悲しい出来事が起きてしまった3月11日という日ですが、ダンスを通じて全員笑顔になってくれたことに、すごく意味があったと感じる」と感慨深くり、も「めてダンスは人と人を繋げるがあると思った。たちのエンタインメントで少しでも楽しんでもらったりする機会や場所を提供していきたい」と、今後の支援活動への思いを口にした。

「Rising sun」は、東日本大震災の復支援ソング。“未来へ”という想いが込められ東北イメージした振り付けに、よさこいの動きが取り入れられている。中島は、夢追う子どもたちへ「今日のこの時間がこれからの皆さんの何かのきっかけになったら嬉しい」と想いをった。