陽射しがめいてきたこの頃、バージョンファッションメイクを楽しめる季節になりましたね。 けれど、の陽射しは嬉しいことだけではありません。 これから先、気になるのはやっぱり外線。 「まだい」と油断は禁物です!今年は絶対に日焼けをしないためにも、今から外線対策をしっかり始めましょう。美しい肌をキープするために守りたい、外線対策の工夫を5つご紹介します!

外線の強い時間帯の外出を避ける


fringe_someya @fringe_someya

外線量は時間帯によっても変化があります。

 

肌をじわじわと焼くUV-Aは、日の出と共に強くなり変化はなだらか。一方、強い外線で肌を焼くUV-Bは、や夕方には弱くなります。

 

どちらも10時から15時の間が一番強く、1日の外線の約50がこの時間帯に集中すると言われています。

な限り、外線の少ない時間帯に外出をすることが日焼け防止にもつながります。

 

日焼け止めの選び方


理香の店 @rika_no_mise

外線対策として1年を通して使用したいの、日焼け止め。場でも外線防止効果のある下地を利用する方も多いのではないでしょうか。

 

からにかけては、やはり外線防御数が高めの商品を選ぶことがおすすめです。

ただし数が高いほど、燥しやすいなど多少の肌への負担が増えるのは事実

 

UV-Aを防ぐPA値は、PA++を安に。UV-Bを防ぐSPF値は、2040ほどあれば、生活上での外線はじゅうぶんに防げます。

 

日焼け止めを塗る際のポイント


理香の店 @rika_no_mise

日焼け止めのSPF値は、「1cmの皮膚に2mgの日焼け止めを塗った場合の値」として測定されています。塗る量がそれ以下だと、もちろん効果は減します。

 

一般的に、規定量の1/4しか塗っていない人が多く、その場合効果は1/20にも下がるといわれます。

日焼け止めを使う際は、裏面やメーカーHPなどに記載された使用量を、確認してみましょう。

 

また、皮脂や汗で落ちてしまうことも、効果を落とす原因となりますので、長時間の外出の際にはこまめな塗りなおしを心がけましょう。

 

出前の食事にも注意!


ibuharumaman @ibuharumaman

柑橘類に含まれる「ソラレン」という成分は、外線に敏感に反応する性物質です。

 

朝食フルーツやスムージーなどで柑橘類を摂る方も多いかもしれません。ソラレンを含む食べものを摂取すると、その後日光にあたることで、シミになりやすくなってしまう可性が強くなってしまいます。

 

ソラレンを多く含む食べ物には、レモンオレンジグレープフルーツキウイいちごきゅうり、パセリ、セロリ、しそ、などがあります。

 

美容のためにも摂取したい食べ物ばありなので、外出前は避け、デザートやお出かけまでに時間の余裕がある日に摂取することがおすすめです。

 

帽子璧に外線を防御


kasuminishimoto @kasuminishimoto

外線防止には日焼け止めが必須ですが、プラスして日帽子サングラス、UV防止ウェアを取り入れると、璧です。

 

帽子はまだファッション的にい、と思われるかもしれませんが、少しでも長く日光を浴びる

時や気がよく陽射しを感じる日はもう必須です!

 

 

いかがでしたか?

まだまだが冷たい日もあり、実感はわきませんが外線は確実に強さを増してきています。

めの対策をしましょう!

 

関連記事

・【川崎編】おすすめエステサロンまとめ♪小顔効果に自信アリの口コミ人気サロン★

・プツッと出来た憎いやつ!ニキビを目立たせずにメイクする方法って?

・体の中から温める!デトックスにおすすめの食材5つ

そろそろ紫外線対策を始めよう!日焼けをしない工夫5つ