フライパンはとても軽い無印良品。スキレットはタフなLODGE製

フライパンは手頃な価格のものを定期的に買い替えていくか、長く使えるものを選ぶか二手に分かれると思います。

筆者は後者で、長く使える製のフライパンとスキレットを使っています。

製調理具は素材をおいしく調理でき、鉄分まで摂取できるというメリットだらけのキッチンツール。

しかし、お手入れが面倒!と思い、敬遠している方もいるのではないでしょうか。

製品のお手入れは慣れてしまえば意外と簡単です。

調理後に洗剤を使わずにぬるま湯で洗い、洗浄後は火にかけて分を飛ばして表面に薄く油を塗って保管します。

洗浄時に洗剤を使わないのは、った油の皮膜が剥がれるのを防ぐためですが、洗剤を使わないことで、ある問題が発生しました。

今回はフライパンやスキレット用中の筆者のちょっと困った出来事と、それをきっかけに習慣にしている意外なお手入れ方法をご紹介します。

 

“セリア”のアイテムだけでOK!ガスコンロ「グリル排気口」は掃除しなくていい!?

焼き魚フレーバーのパンケーキ!? 朝の食卓でまさかの珍事件発生!

切り身、丸干し、何でも焼きます

焼きグリルを洗うのがとっても苦手な筆者ですが、共感してくださる方が多いのではないでしょうか。

はもっぱらフライパンやスキレットで焼いています。

とてもジューシーに焼き上がりますよ。

調理後は直ぐに専用たわしでゴシゴシ洗って火にかけて油を塗るというルーティワークをこなし保管していました。

 

ある事件が起こりました。

june. / PIXTA(ピクスタ)

スキレットでふっくら焼き上げたパンケーキを口に運び、「おいしい!から幸せ~」という喜びのあと直ぐに異変を感じました。

焼きたてパンケーキ焼き魚の匂いをしっかりとまとっていたのです!

せっかく作った朝ごはんなので食しました……。

いつも洗っていたのに、スキレットに臭いが蓄積してしまっていたのです。

「洗剤やクレンザーで洗ってみようか?」と、一頭をよぎりましたが、油が染んで何でもおいしく焼けるようになったスキレットリセットしたくなかったので、思いとどまりました。

自宅でパンケーキを焼くなど、カフェをかなり楽しんでいる筆者は小さなキッチンの隅にいつも置いてあるものを使って、思いがけないスキレットの臭い取り解決方法を編み出しました。

 

「コーヒーかす」で解決!キッチンは時間限定の焙煎珈琲屋さん!?

ふだんドリップコーヒーを自宅で楽しんでいますが、ドリップ後の「コーヒーかす」は燥させてから消臭剤としてキッチンの片隅に置いてあります。

これを使って臭い取りが出来るかも!とひらめいた筆者の勘が想像以上に効果を発揮しました。

フライパンやスキレットに付いた食べ物の臭いを取る方法は以下の5ステップです。

  1. フライパン表面の油を拭き取る
  2. 火にかけ、コーヒーかすを加える
  3. 弱火で1~2分煎って消火
  4. コーヒーかすを捨て、キッチンペーパーなどでコーヒーの粉をキレイに落とす
  5. フライパンに薄く油を塗り、ふたたび保管

出がらしコーヒーの再利用ですが、火にかけると、たちまち焙煎中のコーヒーのようなとても香ばしいアロマがキッチンに漂います。

CORA / PIXTA(ピクスタ)

最後に、注意点をお教えいたします。

 

いかがでしたか。

イヤな臭いを好きな香りで解決!

長く使いたい調理具を楽しみながらメンテナンスでき、にあるものを使ったエコなお手入れ方法なので、ぜひお試しくださいね

pixta_26972008_S