大河ドラマ西郷どん」(原作真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 

第9回「江戸のヒー様」3月4日放送  演出:野田雄介

いよいよ江戸
深夜のお夜食の作り方を紹介し、ひそかに人気の料理番組「きじまりゅうたの小がすきました」の3月放送の4本は「西郷どん」とのコラボ企画であった。
先日、私が観た回は「西郷どん」に有村俊斎役で出演中の高橋光臣が出て、を切りながら、吉之助(鈴木亮平)の右肩の負傷の話をしていた。
9話では、吉之助の人生を規定した、この負傷にまつわる思い出がる。

いろいろ番組宣伝にも工夫している「西郷どん」、いよいよ江戸へ。
斉彬(渡辺謙)のお供で江戸へと向かう吉之助。
中、休憩中、斉彬は、もぐもぐとさつまいもを食べている。休憩中だから、食事かおやつを摂取することにはリアリティーがある。それこそ「小がすいた」のであろう。
やってもやらなくてもいいようなことをあえてやることで、斉彬が印に残る。悪立ちではなく、意味のあるオリジナルの動きをすることは、俳優にとって大事なことだ。渡辺謙、はなをかんだり、をくったり、芸が細かい。

斉彬一行は、薩摩を立って45日後、通常の行程よりも6日も江戸につくという余裕を見せる。
ドラマの最後のお決まりだった「西郷どん チェスト きばれ」のナレーション西田敏行)が、しょっぱなから発されて、勇ましきタイトルバックがはじまる。
だが、快調に江戸編が幕開けと思ったら、薩摩上屋敷で吉之助はただの「38番」と呼ばれ、薩摩武士は、癖、女癖がわるいと悪名が高いためと厳しく管理されていた。斉彬にお通りすることもかなわない。
マシそうなのが、生活する部屋。薩摩の貧しい実家よりも良い感じだった。

か攘夷か
船がまた来て、幕府は下田函館の2港を開いた。
水戸の徳斉昭(伊武雅刀)は攘夷井伊直弼佐野史郎)は開。互いに突き合わす。
定(又吉直樹)に判断を仰ごうとすると、落ちた豆を拾ってぽりぽりかじるというの行動をして、皆は呆気にとられる。冒頭の斉彬に続き、ここでも、何か食べている人の姿が描かれた。

評議は一気に開に。だが、策のままで開するのは危険と、斉彬は、まつりごとをるため、例の件(篤姫に出すことだろう)を急ぐ。
明るくてっ直ぐな設定の篤姫北川景子)が出てくると、画面がはなやぐ。
例の計画が急がれているとはつゆ知らず、篤姫は、吉之助にいたくてしょうがない。
彼を表すとき「こんなに太くて」と手を広げるが、鈴木亮平の吉之助はいまのとこ、そんなに太くはないと思う。でも再放送中の朝ドラ花子とアン」(14年)に出演している鈴木亮平は若いこともあるが、もっと痩せている。

ヒー様登場
「こんなに太くて」と篤姫に言われている吉之助は、はじめての品川の宿場で、お金持ちの旦那・ヒー様(松田翔太)に、似顔絵を描かれることに。

ヒー様に会う前にはもうワンクッションある。
「小がすきました」に出ていた高橋光臣有村俊斎役)と、「アンナチュラル」(TBS 金曜よる10時)であやしいブラックジャーナリストを演じている北村有起哉大村格之助役)とつるんで、品川の、女性が酌をしてくれる店へと繰り出すと、2話に登場したふき(およし〈最近、サッカー選手槙野智章と結婚して話題になった高梨臨〉)と再会。
すっかり見違えて、大人女性になったふきは、薩摩、下関、京都江戸と流れ流れて身請けの話があると顔をかせる。生は貧しかったため売られていった少女がたくましく生き抜いて来たことは尊いが、宿場を流れ流れて商売をし続ける生活は苦悩もあったことだろう。だが、ドラマはそこには触れない。

流浪のすえ、彼女がついに出会った最強のご贔屓が、ヒー様。でいなせな江戸っ子を絵に描いたような人物。顔よし、よし、申し分ない。
そして、絵もうまい。
「でかい男だな」と吉之助の似顔絵として描き、「こいつは一生貧乏で終わる」「あいつはのつけないをしている」と予言する。

「ヒー様がお金もちなのは嘘つきだから?」とふきのツッコミスルーして、ケンカを吉之助たちに任せると、軽妙な音楽に乗って、どこぞへ去っていくヒー様。

ヒー様の設定が、「遠山の金さん」や「水戸黄門」のような偉い人が庶民に扮して世直しする物語主人公ふう。江戸編では、いよいよ、ダイナミック日本の変革が描かれるかと思ったら、中園ミホは、まだまだ世話物路線でいくようだ。町人文化が文化文政の最盛期を経て、嘉永時代にも町人文化は活気があったので、相性がいいのだろう。

長らく忘れられていた吉之助
世話物路線はエンタメ要素が濃くて楽しめる。伊武雅刀佐野史郎も娯楽ドラマの曲者キャラとしてもお染みで、渡辺謙伊武雅刀佐野史郎が集まると、日曜劇場的な男の戦いのドラマができそうだ。
大きな盛り上がりを前に、9話では、いま一度、吉之助と斉彬の関係のおさらいが行われる。

品川宿で大暴れした吉之助が、おつとめの初日々門限やぶりをして、罰として掃除をさせられていると、
そのまま、斉彬のお庭方になる。「直虎」の履番といい、まずは下働きから。
そこからの展開はく、斉彬に、徳斉昭への手紙を届けるように言い渡される。

そこで、「そなたの命、わたしに預けてくれ」と斉彬に言われた吉之助は、自分の右腕が使えずが振るえないこと、そのことで絶望していたとき、斉彬に会って、生きる希望を得た話をする。
斉彬は、ようやく、吉之助のことを「あのときのやっせんぼ」と思い出す。
いま頃・・・と思うが、ここで思い出すことで、もう一回初心に戻す。長いドラマの場合、こうして、おりにつけ、そもそもの設定を振り返ることも大事だ。

斉彬は、吉之助の庭方の仕事は、いつでも斉彬の傍にいて、手となり足となることだと。秘密を守れないときはこれを使えと、おそろしく責任の思い太刀を吉之助に授ける。
ただし、「なんでもかんでも命をかけるな。命はひとつじゃ」と言う。

とても感動的な場面のあと、吉之助は、江戸水戸屋敷に向かう。
だが、その地図が書かれたは、ヒー様の書いてくれた似顔絵の裏だという、おもしろ展開。

斉昭はでかでかと「尊攘」という書が飾られた部屋で、斉彬からの書状を破って捨ててしまうが、和親条約を結んだ幕府の悪口が書いてあるからだと言う。
なぜ、斉彬が斉昭に幕府の悪口を伝えるかというと、紀尾井坂御三家(紀州徳、尾水戸)の集まる紀尾井坂の「井」は井の「井」で、「」でない。

そこにヒー様(一慶喜)がやって来た。それは水戸が徳から煙たがられている拠と言い、斉彬は幕府を倒そうと思っているんじゃないかと不穏な発言をしたり、「上の申すことうかうかとみにしてはならんぞ」と意のわからないことも吉之助に言ったり、飄々としている。
そこで似顔絵が見せるが知らん顔のヒー様に戸惑う吉之助。吉之助は恋愛以外でも鈍いようだ。

似顔絵の裏の地図には「紀尾井坂」が書いてあり、裏も表も何かと役に立った。

歴史的な出来事がで、その出来事のために登場人物が存在し、機する物語よりも、登場人物の個性が色濃く描かれていったほうが、最終的には盛り上がっていくと思う。「西郷どん」にはその芽を感じる。
(木俣

『西郷どん!』上製版前編  林真理子/KADOKAWA