織田哲郎が本日3月11日に60歳の誕生日を迎えたことを記念し、織田のファンクラブであるT's CLUB限定のイベント「T's PARTY」が東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催された。

【大きな画像をもっと見る】

還暦と言えば赤ということで、クールワインレッドジャケットと黒のタイトなパンツ姿で登場した織田。自身が還暦を迎えたことに対して司会から質問を受けると、「(今までと)あんまり変わんないよ?」と笑いを交えて答えながら、客席からの温かい拍手に応える。その後サックス奏者の古村敏比古が登場して「Happy Birthday to You」のフレーズを吹き始めると、それに合わせて観客が合唱を開始。その少々恥ずかしげな歌声を聞いた織田は「こんなんじゃ還暦になれないよ(笑)! もう1回歌うよー!」と呼びかけ、会場中が大合唱になった。

その合唱が続く中、高橋みなみが「Happy Birthday to You」のメロディを口ずさみながら花束を抱えてサプライズで登場。織田に花束が手渡されると、会場からは改めて大きな拍手が贈られた。織田と高橋のつながりは、昨年リリースされた高橋の2ndシングル「孤独は傷つかない」を織田が楽曲提供したのがきっかけ。それ以前から織田は高橋が初代総監督を務めていたAKB48に楽曲提供をしており、また高橋は織田の曲が大好きと公言していたが、昨年秋頃までは会う機会がなかった。その後、テレビ番組での共演をきっかけに連絡先を交換し、高橋および彼女のバンドメンバーと織田で飲みに行ったという、2人のプライベートなエピソードステージで語られた。

高橋に「どういうときにいい曲が書けるのか」と聞かれると織田は「仕事してないときのほうがポッと浮かんだりするよね」と回答。高橋に提供した曲は依頼があってすぐに完成したとのことで、織田は「一応締切は守ろうとするよね。ただ自分に関しての締切はなかなか守れない(笑)」と話しつつ、「今年は(自分の)アルバム出したいよね!」と宣言した。

ライブコーナーでは、織田とは1970~80年代初頭からのバンド仲間である、サックス奏者の古村、ギタリスト北島健二ドラマーの山田わたる、ベーシストの関雅夫、キーボディストの大谷哲範が登場。初期のナンバーやライブ定番曲を交えてライブが行われ、古くからの友人ならではの息の合った演奏に織田もリラックスした様子で「このメンバーだとすぐなじむよね」「誰かが黒い枠に入ってるかもしれないけど(笑)、10年後もこのメンバーでやれんだろ?」と語った。またライブの間、織田を含むこの日のメンバーの若い頃のスタジオリハーサル映像が上映され、織田自身は少し恥ずかしそうにしながらも、バンド仲間たちと「この顔、生意気そうだねえ! かわいくないね(笑)」と笑い合っていた。

織田哲郎LIVE TOUR 2018 犬も歩けばBORN TO BE WILD

2018年5月26日(土)愛知県 名古屋ReNY limited
2018年5月27日(日)東京都 EX THEATER ROPPONGI
2018年6月3日(日)大阪府 BIGCAT

織田哲郎スペシャルライブ

2018月6年23日(土)東京都 武蔵野市民文化会館

織田哲郎と高橋みなみ。