2014年から毎年、週プレでソログラビアを披露してきた岡田奈々AKB48の最新シングルで初センター! 

どのメンバーよりまじめで、自分と向き合い、着実に成長を遂げた彼女AKB48の復活は彼女にかかっているのかもしれない。

■昔は遊びに行ったら負けと思ってました

―週プレ5回ソログラビアにして、ついに表です!

岡田 うれしいです! まさか表やらせていただけるとは…。最初は表情やポーズをどうしたらいいかわからなかったけど、今はこう撮られたらこう写るかなとイメージできるようになりました。

―成長しましたね。そして今年、成人式を迎えましたが。

岡田 急に老いを感じるようになりました(笑)U-17世代のコンサートを見て、みんな若くて元気だなあって。そして昔の自分は、こんなふうにがむしゃらにやってきたよなあって。

―がむしゃら、ですか。

岡田 毎日怒られてばかりで、一生懸命やること以外取りえがなくて。劇場演の前日は絶対にひとりで演をやって。休みの日も自練。遊びに行ったら負けだと思ってました。

―ストイック! 若手はみんなそこまでやってるんですか?

岡田 いや、そこまではやらないです。私はそうやってスタジオにこもって、自分の中でやって損はないと思っていたし。

―きっとそれが今回のセンターにつながっていると思います。

岡田 でも48グループシングルセンターってでもなれるものじゃないし、だから発表された間は動揺と、うれしいというよりも夢を見てるみたいでした。

―あれから時間が経ちましたが、いかがですか?

岡田 いまだに実感が湧かなくて、MV撮影もいつもどおり踊ってる気持ちで、ん中にいても全然緊しなくて。でも音楽番組とかに出たら実感が湧くのかもしれないですね。

―今回の『ジャーバージャ』はどんな曲なんですか?

岡田 カーバルのような、今までのAKB48シングルにない感じです。MV手。いい意味で予想を裏切れる、はじけた岡田奈々がお見せできると思います。

―まじめだけじゃないぞと。今までのAKB48センターはずっとセンター補といわれてきた人が多かったですが、岡田さんは同期でも2、3番手からの逆転。その理由はなんだと思いますか?

岡田 自分の中で常に上をし続けてきたからですかね。くじけることが一度もなかったんです。実とか人気とか知名度を考えたときに、自分が前に行けないのは当たり前だと。だからこそ、そこで諦める意味がわからなくて。実をつけたい、人気を出したい、握手会やSNSを大事にしようって進んできて、その結果なのかな。

―でも頑りすぎて、2年前には「機性低血糖症」で休養しちゃいましたよね。

岡田 体に限界が来てしまって…。諦めたわけじゃないですけど、一回心も体も休めて、一から歩きだして。昔はやるときはゼロ100かだったんですけど、今は50ぐらいもできるようになりました。

―うまくバランスが取れるようになったと。センターということでプレッシャーは?

岡田 ちょっとはありますけど、今の自分にセンターを与えてもらったということは、これまでやってきたことが間違いじゃなかったのかなと。いい意味で今までどおり頑ります。

―周りは岡田さんのセンターについて何か言ってましたか?

岡田 指原莉乃)さんとかゆきりん柏木由紀)さんは、私がセンターになったことがうれしいって。みんなもシンプルにうれしいと思うよと。どういうことでしょう?

―みんな岡田さんの努を知ってるのだと思います。では今のAKB48をこうしたいってありますか?

岡田 今はどうしても勢いが落ちてしまったというか…。アイドルブームが過ぎ去って、坂グループさんが強いですが、今のAKB48でもう一度、全盛期をつくりたいです。そして私がセンターになることで、世の中の人に今のAKB48興味を持ってもらいたい。

―世間は、AKB48といえばいまだに前田敦子さんや大島優子さんの印で、代表曲は『会いたかった』『ヘビーローテーション』ですもんね。

岡田 今回のシングルAKB48だってすぐにわかってもらえるような、AKB48の代表曲になればいいなって思います。

■今年の総選挙は5位を狙います

―今はSTU48の活動もしてますが、どう切り替えてますか?

岡田 STU48は自分がキャプテンで先頭に立たなきゃって責任感があって、後輩にはいい背中を見せたいです。あとはAKB48で忘れてしまった初心を取り戻すことができますよね。あー、自分もこうだったなと思ったり。

AKB48では?

岡田 いい意味で気を抜いています。何年も一緒にいる仲間たちなので信頼を置いて。横山由依)総監督がいるし、(小嶋子やみーおん(向井地美音)とかゆいりー(村山希[ゆいり])もいるし、ほっとできる場所。でもどちらにせよ後輩たちが「頑ればセンターになれるかもしれない」という希望をちゃんと持ってくれたらうれしいです。

―今年の選抜総選挙はどう考えていますか?

岡田 今回は指原さんも麻友さんもいなくて、さらに高みをしたいのでベスト5入りを言しようかなと。そしてAKB48センターを任されたので、選挙ランクインしたAKB48メンバーの中ではトップになりたいなと。

―昨年が9位だから、ふたりが抜けると7位になりますよね。

岡田 7位だとただ繰り上がっただけなので、票数も順位も上げて5位を。一気にトップを狙っても理があるので、焦らず、一歩一歩が大事なんです。

(取材・文/関根康 撮影/岡本武志)

岡田奈々の表&巻頭グラビアは『週刊プレイボーイ13号3月12日発売)に掲載! 初センターに抜された彼女の魅をぜひご覧ください!

最新シングルで初センター! 誰もが認める“まじめと努力の人”AKB48・岡田奈々「もう一度、全盛期をつくりたい!」