香川照之が、7月13日()から開催される国立科学博物館初の大規模特別展「昆虫」の“昆活マイスター”(オフシャルサポーター)に就任することが発表された。

【写真を見る】香川照之が虫取り少年に扮する写真のチラシが配布される

カマキリ先生”となって昆虫への熱過ぎるシリーズ昆虫すごいぜ!」(NHK Eテレ)への出演が話題となっている香川

今回は昆虫興味を持つ、学ぶ、採集する、など、昆虫にかかわる全ての活動を“昆活”と呼ぶ特別展「昆虫」が、昆虫の魅を伝え、薄れつつある人間と昆虫の関りを再び強めたいという考えが、香川が現代の子供たちに対して持つ思いと合致したとの理由で、“昆活マイスター”に起用することを決めた。

香川「生活に生かせる何かが見つかるはず」

香川は「が若いころは人々の周りにも昆虫がたくさんいました。でも、環境の変化で身の周りの昆虫も少なくなってしまいました。昆虫を触ったことがない人も多くなったのではないでしょうか。

この特別展『昆虫』で、皆さんにぜひ昆虫の魅を知ってほしいと思います。たくさんの昆虫に触れ、その生命や、ボディーの美しさを感じてください。きっと明日からの生活に生かせる何かが見つかるはずです」と、その思いをった。

また、「昆活企画」の第一弾として、3月12日()から特別展「昆虫」のチラシが配布される。香川取り少年に扮する写真の裏面は折り紙になっており、切り取って折るとある昆虫が出来上がる。裏面のカラー違いでチラシは3種類あり、折れる昆虫も3種類となっている。

■ 数万点に及ぶ標本を展示

昆虫」では、日本のみならず世界で収集された多数の標本や映像、展示演出で、昆虫の驚くべき世界を紹介。

会場には、日本最大の甲「ヤンバルテナガコガネ」の新種の基準となる重な標本をはじめ、宝石のように鮮やかな色やきをもつ昆虫や、想像を絶するしい姿の昆虫琥珀の中に閉じ込められた太古の昆虫など、数万点に及ぶ標本を一堂に展示する。

また、昆虫標本を特殊な撮影技術で3D化しスクリーン投影したり、全長約2mの巨大模型により昆虫の体のしくみを紹介したりと、多様な手法での展示も見どころだ。(ザテレビジョン

香川照之が特別展「昆虫」の“昆活マイスター”に就任