Kis‐My‐Ft2の玉森裕太が、東野圭吾ベストセラー小説『パラレルワールド・ラブストーリー』の映画化作品で主演を務めることが分かった。吉岡里帆と染谷将太の出演も発表され、主演の玉森は「共演の吉岡さん、染谷さんはおふたりとも作品でご一緒するのは初めてなので少し緊張しています」と明かしている。

【写真】「吉岡里帆」フォトギャラリー

 本作は、並行した2つの異なる世界“パラレルワールド”を行き交う男女3人の愛を描くラブストーリー。Aの世界では、大学を卒業した主人公・敦賀崇史(玉森)が、尊敬し合う親友でありライバルの三輪智彦(染谷)の恋人が密かに思い続けていた女性・津野麻由子(吉岡)と知り、Bの世界では、智彦が消え、崇史と麻由子が恋人同士になっているという奇妙な“三角関係”が描かれる。

 主演の玉森は「僕自身も役の崇史と一緒にドキドキを味わいながら、パラレルワールドって一体何なのか? 体感しながら演じていきたいです」と伝えるほか、「信じていたものが脆く崩れていく儚さや、コントロールできない感情みたいなものをどう表現するのか、この役や題材は自分にとっての挑戦です。集中して精一杯この役に向き合いたいと思っています」と意気込みを示す。

 また、吉岡は「東野さんのあまりにも先を進んでいる脳の中と、これを映画化しようと走り続けてきた製作チームに今の時代が追いついてきたのかなと思うと、すごくロマンを感じます」と本作への思いを語り、染谷も「感情と記憶という切っても切り離せない関係がパラレルして愛が生まれるのか? 失われるのか? 皆さんをこの迷路に巻き込む一筋縄では行かないラブストーリーを楽しみにしていてください、そして目撃してください」とファンへのメッセージを伝えている。

 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は、2019年に全国ロードショー

玉森裕太、東野圭吾原作『パラレルワールド・ラブストーリー』で吉岡里帆&染谷将太と共演