制度上は、死ぬまで最高権者の座に居続けることも可になった中国習近平国家席。日本メディアでは「独裁完成」といったニュアンス報道立つ。

だが、その内情ははるかに複雑怪奇で、むしろ“新皇帝”の立場は砂上の楼閣(ろうかく)のように不安定だ。だからこそ、いずれ反対民の不満のはけ口を「反日」にめてくる可性が高いという。

* * *

江沢民(こう・たくみん)以降、中国では国家席、共産党中央委員会総書記、中央軍事委員会席の「三権」をひとりの導者に集中させ、権の分散を防いできた。このうち国家席だけが一、任期が2期10年までと定められており、そのため中国導者は10年ごとに交代してきた。

習近平はその国家席の任期を撤することで、毛沢東(もう・たくとう)以来の“終身皇帝”へのを開いたといわれているが、その狙いはどこにあるのか?

防衛省情報分析官で、中国インテリジェンス分析を専門とする軍事ナリストの上田篤盛(あつもり)氏はこうる。

「昨年10月の第19回中国共産党大会では、『習近平思想』が党規約に明記されました。個人名が党規約に明記されるのは毛沢東鄧小平(とう・しょうへい)以来のこと。今回の国家席任期撤の件も含め、習席による権握が前進していることは間違いありません。

ただ、『一強体制確立』という雰囲気ではないと思います。なぜなら、毛沢東思想や鄧小平理論の明記は両者の歴史的偉業に裏づけられたものですが、今の習席は汚職・腐敗問題への取り組みも、『一帯一路』の実現も半ば。しかも、前任の胡錦濤(こ・きんとう)や前々任の江沢民がカリスマ性のある名を受けて導者となったのに対し、習席には後ろがない。だからこそ2012年の総書記就任以来、次々と新たな組織や制度をつくってはそのトップに就くなど、肩書というものに相当な執着を見せているのです。

では、なぜそこまでの権誇示が必要なのか。習席は、実は共産党一党支配の継続危機感を持っている。最大の要因は汚職・腐敗問題ですが、ほかにも経済成長の減衰と格差の拡大、共産党への信奉心低下、民主運動勃発の兆しなど、厳しい課題に直面しています。また、汚職・腐敗への過な取り締まりに対する復讐を警し、退任できないという事情もあるかもしれません」

好き勝手に強権を振るうというより、こうした問題に取り組むには“皇帝”にならざるをえないということか。

◆不満分子のガス抜きに「反日」を使う可性は? 『週刊プレイボーイ13号3月12日発売)「恐怖の新皇帝習近平」では、中国近代史から習近平の独裁の末路まで読み解く! そちらもお読みください。

(取材協/小峯生 世良 写真時事通信社

毛沢東以来の独裁者誕生…危うい“終身皇帝”習近平は「反日」にはけ口を求めてくる!