宇佐美23節から4戦連続ゴール覚醒、FWヘニングスが好調の要因を分析

 ドイツ2部のデュッセルドルフに所属するFW宇佐美貴史とFW原口元気リーグ第26節のデュイスブルク戦にって先発出場し、宇佐美リーグ4戦連続ゴール叩き込んで2-1勝利に貢献した。宇佐美は第23節から驚異の4戦連続ゴール爆発しているが、覚醒の裏側には原口の存在があるとチームメイト言した。ドイツ「エクスプレス」が報じている。

 デュッセルドルフ日本人コンビに言及したのはドイツ人FWローヴェン・ヘニングスだ。デュイスブルク戦で今季9得点マークした30ストライカーは「日々のトレーニングで、良いサッカー選手がいることは分かっているよ」とり、宇佐美原口クオリティーの高さに触れている。二人の技術はチームトップクラス準で、ヘニングスもその実を認めているようだ。

 ヘニングスは続けて宇佐美の活躍ぶりに言及し、「元気がタカをより強くしたと思う」とる。今に加入した原口の存在を口にしているが、その理由は明快だ。「海外の同じチーム突然同胞の人間が加わったのだから、それも理解できる」と復活の理由を分析している。

 宇佐美はバヒド・ハリルホジッチ体制発足時からコンスタントに起用され、大きな期待を懸けられていた。しかし、176月シリア戦を最後に代表出場から遠ざかっている。 3月15日海外遠征(マリ戦、ウクライナ戦)に向けた日本代表メンバー発表が行われるなか、代表常連の原口とともに、好調の宇佐美は久しぶりの復帰となるだろうか。


Football ZONE web編集部)

ドイツ2部のデュッセルドルフで共闘する宇佐美と原口【写真:Getty Images】