宇宙には多くのエイリアン種族が存在する。今回は夜空プロキオンから訪れるプロキオ人たちをご紹介しよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/03/post_16252_entry.html

プロキオ人とは?

 プロキオンはシリウスベテルギウスとともにの大三を形作る、夜空る一等だ。プロキオンA、伴プロキオンBを持つ連である。地球からの距離は11.46光年で、プロキオンAの直径は太陽の2倍ほどとなっている。

 プロキオ人には地球人によく似たヒトと、うろこ状の皮膚に覆われた爬虫類の二種類がいるプロキオンAには6つの較的小さな惑星があり、ヒトエイリアンたちはそのうち第4惑星に、爬虫類エイリアンたちは第2、第3惑星に居住しているという。

 ヒトプロキオ人の特徴は2メートルえるという身長と大きな頭部とだ。彼らのは非常に大きく、そのため頭部全体が地球人より大きい。そしても大きく、瞳の色は色とされる。また、は頭のやや下の方についている。肌の色はだという。

 一方、爬虫類プロキオ人は皮膚がのウロコで覆われ、トカゲのような外見をしている。は離れていて、形は小さく切れ長、瞳の色は黄色をしている。非常に細長い鼻をもち、は5センチメートルほどの楕円形で、のすぐ後ろについている。口はからまで大きく裂けているという。身長ヒトよりさらに高く、2.1〜2.5メートルほどとされる。非常に筋肉質の体を持ち、手には4本ののないがあり、つま先には長く鋭いのついた3本のが生えている。小さな尾が背の根元に生えているとされる。

 非常に知性的かつ活動的なプロキオ人は、有能科学者や偉大な銀河の探検を多数輩出しているそうだ。時間と次元を移動する技術を持ち、頻繁に移動を繰り返している。彼らは自分たちのを「時をする者たちの」と呼んでいるという。

 プロキオ人は他者への奉仕に対して哲学を持っており、知性的で慈悲深い性格をしているという。彼らが地球を訪れるのは地球の人々を手助けするためである。

グレイと対立

 一方で、プロキオ人はいわゆるグレイエイリアンと敵対関係にあり、現在戦争状態にあるという。彼らの祖先はかつてこと座々に住んでいたが、グレイとの戦争敗北し、プロキオンに移民したそうだ。

 そのグレイと密約を結んで破壊的な兵器テクノロジーを得ようとしている地球の態度を、プロキオ人たちは「非人的」と非難しているという。だが、アメリカ政府はテクノロジー提供してくれないプロキオ人たちとの交渉に、まるで興味を持っていないとされる。

 エイリアンの代名詞・グレイと対立するというプロキオ人。彼らはさかんにグレイの危険性を訴えているが、地球の要人たちはまるで気にしていないのが実情のようだ。高度なテクノロジーを持つプロキオ人ですら、過去にはグレイに手痛い敗北を喫し、を失って移民を余儀なくされている。地球人類は一体どちらにつくべきなのか? 宇宙情勢は々が思っている以上に逼迫しているのかもしれない。

(編集部)

イメージ画像は、「Thinkstock」より

※イメージ画像は、「Thinkstock」より