1被弾も3人をしっかり打ち取る安定のマウンド

 ダイヤモンドバックス平野佳寿投手が11日(日本時間12日)、敵地ホワイトソックス戦に登板し、オープン戦5戦のマウンドで初被弾した。だが、その他はしっかり抑え、1回を投げて1安打1失点(自責1)とした。

 0-5で迎えた6回に3番手としてマウンドに上がると、先頭コーデルを中飛に仕留めたが、続く22歳有望のモンカダにセンターソロ弾を運ばれた。だが、ここで焦る様子も見せず、アンダーソンを三ゴロ、アブレイユを二飛に打ち取り、回を締めくくった。

 平野はここまでオープン戦で4試合に登板。合計4回を投げて6安打3奪三振3失点(自責3)の成績で、この日を含めて5試合連続四球としている。(Full-Count編集部)

ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】