片思いの彼にイチかバチかでLINEを送ろうと思えば、それはもう好きという2文字を送るタイミングを虎視々とうかがって……ということをすればいいわけですが、でもふつう、ってそんなふうに進んでいかないですよね。

男女のなにげない会話からはじまって、お互いに「いけそうか、理そうか」を雰囲気で判断して徐々に……というパターンのほうが多くないですか?

ということで今回は、なにげないLINE男子の心をまるっと掴む方法について、一緒に見ていきたいと思います。

■おつかれさま♪

定番は「おつかれさま♪」でしょう。「おつかれさま」って、そこからいろんなトークに発展可万能薬みたいな言葉です。

それに、おつかれさまというLINEがきて「おれ、べつに疲れてないし」と思う男子はホントにマジで少ないもので……。

さらに、男子ってじぶんから女子におつかれさまってLINEしたいと思っても、自分からはなかなかできなかったりするわけです。

おつかれさまという言葉が万すぎて、おつかれさまと送って、彼女からおつかれさまと返ってきたら、その次どんなLINEを送ればいいのかわからないから。

よく言われているように、女子のほうが言センスが発達しているらしいので、女子からおつかれさまとLINEして、彼からおつかれさまと返事が来たら、

そのあと女子からなにか話題を振ってLINEで盛り上がって次につなげる、というパターンって、恋愛王道でしょ?

■*日、いてる?

「来週の木曜日いてる?」とか、予定を尋ねるLINEですね。

これが来たら、彼の期待値はほぼMAXになります。そりゃあ、あなたが彼にものすごく嫌われていたら理ですが、そうでもない場合(ごくふつうの友達としての関係であっても)、

男子って女子から予定を聞かれただけでわりと舞い上がります。

だから片思いだからといって、そこまで怖がる必要なんてホントはまったくなくて、どんどん彼に予定を聞くといいです。

片思いに限らず、人って、「なにかいいことが起こりそうな予感」がしたら、すごくうれしくなるでしょ?

ご飯行こうよ♪

予定を聞いて「うん、木曜日いてるよ」と返事が返ってきたら、次にあなたが彼に送るべきLINEは「ご飯行こうよ♪」です。

これ、オトナはすごくよく使うテクです。まずはご飯に誘い出せば、あとのことはどうにかなるというオトナ業界のなかでの不文があるからです。

どうにかなるを飛び越えて「ご飯に誘い出せたということは、彼はわたしに気があるはず」と思い込んで、食事中、彼にちょっかいを出してどうにかなったケースもあるし、

相手の心の準備ができていなくて、相手があわあわしちゃったケースもあるし、まあいろいろですが、でもってこんなふうに進展するものです。

なので、「ご飯行こうよ♪」とLINEしてみて!

それで「ちょっとご飯は……」とかネガティブLINEが返ってきたら、それはきっと木曜日らへんに彼はお金がないということです。

だから「わたしがごちそうするから」でもいいし、なにがなんでもお財布をもってデートに行きたくない女子は「じゃあ末の*曜日は?」とLINEすればいいです。

一般的にみなさん、末らへんは懐が潤っているから。

いかがでしょうか。

決死の覚悟で一世一代のLINEを送ろうなんて思わず、まずはなにげない会話から徐々にふたりの関係を温めていってください。時間をかけたものはよく育つから。(ひとみしょう/文筆

カツ編集部)

iStock-539483262 (1)