日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長岡田直敏)は、スタートアップ企業ベンチャーキャピタルなどの動向を調・分析するCB InsightsCBインサイツ、ニューヨーク)と業務提携しました。同社の発行するスタートアップ企業テクノロジーに関するレポートを日本語翻訳し、『日本経済新聞 電子版』などに掲載していきます。今後、日経CBインサイツで共同リサーチなども実施していく予定です。

第一弾として、日本経済新聞日経電子版日経産業新聞上にCBインサイツのレポートを翻訳し掲載します。日経編集者が、CBインサイツが発行するレポートのうち日本読者の注度が高いトピックを中心に、記事を選びます。記事のテキストのほか、理解を促す図表も掲載します。

掲載は原則毎週月曜日日本経済新聞「新・中小面」にお知らせを掲載し、同日の日経電子版テクノロジー」セクションなどで翻訳の全文が読めます 。本日、3月12日に掲載されるものはこちらになります。世界スタートアップテクノロジーの最新動向など厳選したレポートを原文に忠実な翻訳と編集で配信します。

フェイクニュースと戦う7つのスタートアップ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27705450V00C18A3TJE000
イーロンマスクが根底から覆す8つの業界
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27895660Y8A300C1000000
2018年にみておくべきフィンテックトレン
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27895720Y8A300C1000000

CBインサイツはスタートアップテクノロジー企業ベンチャーキャピタルに関する独自のデータベースをもとにした有料情報サービス運営しています。資調達や特許の保有状況などのデータを、エンジニア機械学習の技術を使って分析。簡単な操作で、成長する企業や分野をいちく知ることができるのが強みです。また、多くのアナリストを抱え、高い品質の調レポートを発行しています。

日経は新しいビジネスを作るスタートアップ報道を入れています。専属チームを強化しているほか、日経電子版日経産業新聞ではこうした企業を特集するページを増やしています。今回の提携も含め、今後も読者の皆さまに最新のビジネスニュースを届けて参ります。

日本経済新聞社 常務取締役 平田喜裕のコメント
スタートアップテクノロジー企業ベンチャーキャピタルなどに関する膨大なデータを持ち、優れたテクノロジーとアナリストによる調レポートを発行するCBインサイツと業務提携できることに、喜びを感じています。彼らのレポートを日経に掲載し、日本読者提供する意義は非常に大きいと考えています。今後も引き続き協していきます」

CBインサイツ 最高経営責任者・共同創業者アナンド・サンワルのコメント
「価値ある情報を発信している日本経済新聞社と提携し、日本アジアのお客様にCBインサイツのデータドリブンな情報提供することに奮しています。日本は多くの優れた企業が存在し、経済の分野で強い影を持っています。私たちの人工知能活用したサービスで、日本の皆さんがテクノロジービジネスの動向を見通すお手伝いをすることを、楽しみにしています」
日本経済新聞社について
1876年以来、約140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えています。媒体『日本経済新聞』の発行部数は約250万部で、61カ所の取材拠点で1300人記者が取材・執筆。2010年3月に創刊した『日本経済新聞 電子版』の有料会員数は約55万、有料・無料登録を合わせ380に達します。2015年には英Financial Timesがグループに加わりました。信頼性の高い情報グロバルに伝えていくべくデジタル化や最新のテクノロジー活用に取り組んでいます
CB Insightsについて
CBインサイツは複雑で戦略的なビジネス上の課題は、事実を持って最適解が発見できると考えています。CBインサイツは人工知能の技術を使い、膨大なドキュメントを解析し、ビジュアル化し、顧客が素く、事実に基づいた優れた判断をするお手伝いをします。シスコシステムズ、シティグループカストロール、IBMなど多くの大企業が顧客となっています。
https://www.cbinsights.com/




配信元企業株式会社 日本経済新聞

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ