フィギュアスケートの演になった『SEIMEI』で、着されている平安時代陰陽師・安倍晴明エピソードは数え切れないほどあります。中でも胸躍る逸話はライバルとの術べで、野村萬斎さんが演した映画陰陽師シリーズで夢中になった方も多いのではないでしょうか。

今回は、明に勝るとも劣らない彼の好敵手達についてお話していきます。

最大のライバル!主役作品も創作された大陰陽師・芦屋道満

明のライバルで最も有名なのが、満(どうまん)またの名を摩(どうま)法師です。彼は播磨(兵庫県)生まれで、明と同じく官人つまり国家に属する陰陽師として活躍したとされます。

占いの書『集』によると満は師匠である明の妻と結託して秘伝書を奪い、明の暗殺に成功するも、中国から助けにやって来た上人(明の恩師)が助っ人に来たことで形勢は逆転。上人によって明は生き返り、反対ににはまった満と明の妻は切り伏せられて成敗されます。

『今昔物語』『宇治拾遺物語』では藤原道長に災難をもたらす式をけし掛けた犯人として登場し、明に悪事を看破されます。『峯相記(ぶしょうき)』と言う書物では長を敵視した甥の手先であり、いずれでも生の播磨へと追い返されています。

そうした悪のイメージが強い満ですが、歌舞伎大内鑑』では悪人の手先でありながら忠心を持っていたり、明を助けるなど大活躍するヒーローとしても描かれています。視点を変えれば悪の満でも正義になるところは、いわゆるスピンオフ作品に近いものと言えますね。

暦道をマスターしたエリート御曹司・賀茂光栄

満以外にも明には強ライバルがおり、その1人が実在した偉人でもある賀茂光栄(みつよし)です。彼は博士にまで登り詰めた優秀な陰陽師で、そのは賀茂保(やすのり)と言い、明の師匠とも兄弟子とも言われている陰陽大家でした。

息である光栄(を作成する学問)、明に(占術)を継承させており、陰陽の宗『安賀両』が誕生するのですが、やはり2世プライドがあったのでしょう。光栄はどちらが保に重んじられているかを巡って明と口論したと言います。

海賊退治のご当地ヒーロー・智徳法師

播磨出身で民間陰陽師と言われる智徳(ちとく)法師は満と同じ播磨出身で、明を試そうとしますが見抜かれ、式を隠されて懲らしめられます。この逸話から智徳には少々情けないイメージがありますが、地元の播磨では見事に汚名を返上しているのです。

智徳法師は海賊に襲われた民を哀れみ、必殺の呪術を駆使して盗みばかりか強盗殺人すら気な悪党達をたった一人で捕え、盗品を取り返します。高な人を陰謀から守る明の術と異なり、弱者を悪人から守るためのものでした。

しかも、彼らを処刑せずに心させる(明や満ならば許さなさそうですが)と言う優しさも兼ね備えている点では、智徳法師は他の陰陽師の追随を許しません。地元でされるローカル英雄、まさにご当地ヒーローですね。

如何でしょうか?満、光栄、智徳法師…明とり合った陰陽師達は、形こそ違えども得意の術を駆使して大活躍しており、その魅明に勝るとも劣りません。陰陽師が登場する作品を読む時、彼らの逸話を知っておくと面さが増すかも知れませんよ。

関連画像