3月11日放送の「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)で、香取慎吾草なぎ剛東日本大震災について言及、草なぎが「前を向いていきましょう」とエールを送り、香取も「行けてないから行きたい」と再訪に意欲をみせた。

【写真を見る】パラリンピックを取材中の香取慎吾

番組の終盤に、香取が「今日は3月の11日でしたね、東日本大震災からもう7年がたちましたね。もう7年だよ」と切り出し、続いて草なぎも「7年か」とかみ締めるように当時を振り返った。

「まだ大変な方もたくさんいらっしゃると思うんですけどね、まだまだずっとだけど、まだまだ復興が(進まない)、という場所ももちろんあるだろうし。その当時、僕ら結構、東北の方に行かせてもらったりもしたけど、その時とは変わって、街が生まれ変わってるようなところもあるんだろうね」と香取が当時を振り返った。

草なぎも「またね、なんかこう、僕らも支えになることができればね、たくさんやっていきたいなと思いますね」と決意を新たにした。

「結構、行けてないから、行きたいね!」と意欲的な香取。草なぎも「そうですね、どうしてるかなっていうかね。みんなに感謝しつつ、前を向いて皆さん行きましょうね」と優しく語り掛けた。

以前、震災後に東北地方を訪れていたこともあり、香取は「新しい町として生まれ変わってる場所もあるんじゃないかな、そんなところも僕らが行った時には、『ここにも街があったの?』ってところが少しずつだけど生まれ変わって。

ここ来た時、何もなくなっちゃってたところなのに、こんなにいろんなものができたんだ、っていうところも行ってみたい」と、復興を願い、再訪を望んでいる様子。

加えて、香取は「熊本もね、頑張ってるかな? みんな」と、2016年に起きた熊本地方での地震災害についても言及。草なぎは最後に「全国で、みんなで頑張っていきましょう」とエールを送った。

Twitterでは「いつも呼びかけてくれてありがとう」「熊本もがんばってるよ」などと彼らのメッセージに応える形で投稿が寄せられていた。

ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)は毎週日曜夜7時から放送。(ザテレビジョン

ラジオでエールを送った草なぎ剛