(C)Shutterstock
(C)Shutterstock

平昌五輪銅メダルを獲得して一躍、人気者となったカーリング女子の『LS北見』。だが、彼女たちをめぐるマネー事情は厳しいようだ。

【関連】カーリング女子代表に「やっかみ憎悪」ぶつける人々 ほか

日本オリンピック委員会(JOC)がメダリストに支払う報奨金メダルの場合が500万円、メダル200万円、銅メダル100万円。団体競技の場合はひとりにつき、前述の額が支給されるため、LS北見メンバーはそれぞれ100万円の報奨を手にする。だが、日本カーリング協会からの報奨はない。あとはスポンサー全国農業協同組合連合会JA全農)が贈呈する100俵のみだ。

金メダルをふたつ獲得したスピードスケート高木菜那は、JOCから1000万円と、日本スケート連盟からも同額の報奨がもらえるため合計2000万円。さらにスポンサーの親会社である日本電産は4000万円を出しています。カーリング女子とは泥の差です」(スポーツライター

日本カーリング協会にはそもそも報奨規定がなく、その理由は「お金がないのでない袖は振れない」ためだという。

 

2位でも赤字!? カーリング界の「シビアすぎる」マネー事情

クラウドファンディングで集まったのは4万円ほど

カーリング2006年のトリノ五輪で『チーム青森』がクローズアップされたことで認知されはじめましたが、まだまだマイナー競技と言わざるを得ません。今回、平昌五輪に出たLS北見スポンサー18社のうち、3分の2は地元の自動車販売会社やケーキ屋などで、選手も会社員です。ちなみに2017年日本カーリング協会が強化費をクラウドファンディングした際、集まったお金標額300万円に対し3万9300円でした」(同・ライター

大会の優勝賞などもほとんど期待できないのだという。

カーリングチームな収入ワールドツアーの賞ですが、優勝賞100万円。チームの5人で割るとひとりあたり20万円で、海外の大会だと交通費で消えてしまう額です。2位や3位だと赤字になる。またストーンが1個10万円するなど、具も高価です」(同・ライター

今回の人気急上昇でCMオファーがあるというから、資難の解消に期待したい。

 

(C)Shutterstock