(C)まいじつ

3月11日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、番組会の宮迫博之が放った何気ないひと言が元で、一部から批判が起きている。

【関連】 不倫経た宮迫博之「一緒に寝てる」夫婦生活を暴露される ほか

この日は『気になる人大集合SP』と題し、いま気になっている人を紹介するという企画だった。お笑いコンビアンジャッシュ』の渡部建が紹介したのは、箱根駅伝で4連覇した青山学院大学エースを務めた下田裕太選手。箱根駅伝で“8区の”と呼ばれただけでなく、2016年東京マラソンでは初出場ながら10代のマラソン日本記録を更新した選手だ。

やかな戦歴を誇る一方で、下田アイドルプロデュースするゲームアイドルマスター』というが大好きという一面もある。「実際にの前にいる広瀬すずと、お気に入りのゲームキャラのどちらを選ぶか?」という質問には、ゲームキャラだと即答し、ゲスト立川志らくからも「ものすごい尊敬していたんですけど、いまは若干引いてます」と言われるほどのゲームオタクぶりを見せていた。

 

宮迫博之の「アニオタ」発言にオタク憤怒

オタクはマイナスイメージか?

下田スタジオに登場した際、宮迫が「こんなすごい選手なのに、アニオタだということで」と紹介したことで、ツイッターではアニメゲームファンからは怒りの投稿が殺到した。

《宮迫が下田選手のことオタクなのにって言ったのがなんか……オタクなのに選手じゃダメなん?
《そういう言葉をテレビによく出る人が言っちゃうもんだからオタクマイナスな印持たれるじゃん?

渡部下田について説明する際に、「あれだけすごいアスリートなのに、アニメ・ゲーム好き」と言っていたのだが、渡部に対する批判は少なく、なぜか宮迫だけが批判の的にさらされてしまう事態に陥った。

体育会系文化系のギャップを際立たせることで盛り上げようとしたのは、番組の流れ上仕方がない側面もあっただろう。しかし、宮迫は普段からアニメソング好きを言し、テレビゲームの『龍が如くシリーズにも声優として出演しており、オタクには理解があると思われていたからか、今回の発言には失望したという人もいたようだ。