長女(5歳)と長男(3歳)の子育てを、平日はほぼワンオペで行っている、

整理収納アドバイザーのトノエルです。

この連載では、防災の専門ではない主婦が、家族を守るために考えた、もしもの備えをご紹介します。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

この備えを構築したのは2年前。子どもが成長し、引越しをした現在も、年に2回見直ししているので、その状況も合わせてご紹介していきます。

前回は、筆者が緊急避難のときに余裕があれば持ち出すつもりの「いつものバッグ」の中身をご紹介しました。

次回は、「いつものバッグ」に入れている「こどもポーチ」と「おでかけポーチ」の中身をご紹介します。

コテチャン / PIXTA(ピクスタ)

あなたのおの、非常時の備えはどうされていますか?

もしものときのために備えておかないといけないとは思いつつ、まだ何もできていないという方に、こんな一例もあるよと参考にしてもらえるとうれしいです。

 

“セリア”のアイテムだけでOK!ガスコンロ「グリル排気口」は掃除しなくていい!?

超緊急避難のときの非常持出袋=「いつものバッグ」だった

いろいろ考えた結果、めちゃくちゃ急いで逃げなきゃいけない、ってときに1番大切なのはいのち!

だから、取るものも取らず、子どもを抱えて逃げる!

だけど、もしも、ほんの少しの余裕があれば、大切なモノがまとめてあるバッグを1つ持ち出す。

それは……財布やら鍵やらが入っている「いつものバッグ」です。

その中に入れている「こどもポーチ」と「おでかけポーチ」の中身をご紹介します。

 

「こどもポーチ」に入っている5つのアイテムとは?

非常時のことも考えながら、それでも日常を快適に過ごすために。

こどもポーチ」には、この5つのアイテムを入れています。

左上から時計回りに……

1.長男喘息アレルギーの常備

→2年前の見直しで追加したモノ。小児科でちょっと多めに処方してもらっておくと安心です。

現在子どもの成長にともなって、常備はなくなりました。

2.おむつ

→以前は数枚携帯していました。下の子も少し前にパンツに移行しましたが、非常時にトイレに困ることもあるとおもうので、念のために持ち歩いています。

3.おしりふき

→もちろん、ほとんど手口ふきとして使用しています。

4.使い捨てお食事エプロン

クリアファイルをちょうどいいサイズに切って入れています。

5.エチケット袋

子どもが粗相をしたときとか、食事してたくさんゴミが出たときとかに使用します。これもクリアファイルに。

 

「おでかけポーチ」に入っている6つのアイテムを入れています。

「おでかけポーチ」に入れているのはこの6点。

 

左上から時計回りに……

1.カードケース

ゴミ箱がわりに使用しています。

2.アルコール除菌シート

→手を洗いたくても洗えないときに使います。

3.ポケットティッシュ

→何かと使えます。

4.マスク

災害時の感染予防にも、普段電車に乗るときや病院に行くときにも使えます。

5.ハンカチ

→当然ですが、使用したら洗濯したものと取り換えています。

6.リップ

→恥ずかしながら、化粧ポーチは持ち歩かず化粧直しはこれ一本。

2年前から、この6アイテムはこのままに。最近は絆創膏を追加しました。

 

余談ですが…携帯ゴミ箱、おすすめです!

外出先でこんなごみが出たらどうしていますか?

子どもが食べたお菓子の小袋1袋
・鼻が垂れていてふいたティッシュ1枚
・手が汚れててふいた除菌シート1枚

ゴミが多いときは、持ち歩いてるエチケット袋とかにまとめて捨てていますが。

こういう、ほんの少しのゴミのとき。筆者はいつも困っていて。

それで、2年ほど前から無印良品の「ポリプロレンカードボックス」という、タッパーカードケースを、ゴミ箱がわりに持ち歩くことにしました。

これが、めちゃくちゃ便利!!

ティッシュも詰め込めば6枚くらいは入るし。ゴミ箱に捨てるときは、フタをあけて簡単に捨てられるし。

汚れたら洗えるし。携帯用のゴミ箱、おすすめです。

いかがでしたか?

今回は、「いつものバッグ」に入れている「こどもポーチ」と「おでかけポーチ」の中身をご紹介しました。

次回は、「いつものバッグ」の置き場所をご紹介します。

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

丁寧な暮らしに憧れがあっても。まず大切なのは、家族と自分の命。

日々の暮らしと、防災、どちらかに偏ることなく、ほどよいバランスを見つけていきたいですね。

このシリーズが、あなたのもしもの備えについて考えるきっかけや、ヒントにしてもらえるとうれしいです。

「丁寧っぽい暮らし」をめざす、トノエルでした。

 

これまでの記事をよむ 「トノエル防災研究室」


・序章 「もしもの備え、一緒に考えてみませんか?」
CASE1:緊急避難 「3つに分けた「もしも」の場面とは?」
CASE1:緊急避難 「マンション火災、土砂崩れ…。「超緊急避難」ってなに?」
CASE1:緊急避難 超緊急避難のときに持つ「非常持出し袋」に入れるモノとは?

tonoel_moshimo_case1_kodomopouch-512x512