カフェに行っても、レストランに行っても、お行儀よく静かにして食べている子がいます。ママ友との集まりや講演会を聞きに行っても、周りの子はおとなしくしています。

叱ってもムダ!?「親を困らせる子どもの行動」子どもの本音とシーン別解決策

それなのに、うちの子ときたら暴れまくるし、ちっともジッとしていられない。大で叱れば、ますます反抗して手が付けられなくなる。

そんな、どこへ行っても肩身の狭い思いをしているママもいるのではないでしょうか?

今日は『モンテッソーリ教育伸びる子を育てる』の著者で、日本・欧いいとこどり育児を提唱する平川が、落ち着きのない子にはどのように接したらいいのか、その原因も探ってみたいと思います。

どうすればいい? お店で大暴れする子

実は子どもの「スイッチ」が入ってしまうと、落ち着かせるのは非常に難しくなります。

叱っても、子どもにはなかなか届きません。むしろママが大で叱れば叱るほど、さらに奮させてしまうことになります。そんな場合は、よほど怖いおじさんにでも登場してもらわないと収まりません。

では、どうすればいいのでしょうか?

まずは事前に予防策を講じておくことをお勧めします。

出かける前に

・出かける前に子どもと「共の場でのルール」について話しておく。

子どもがある程度物事がわかる年齢(2・.3歳以上)であれば、一方的に伝えるのではなく、「どうしたらいいかな?」と考えさせ、自分で答えさせ、一緒にルールを決めておきます。

→すぐに守れなくても、自分で決めたルールを守れなかったという後ろめたさや、多少なりとも後悔の念があれば前進。

・出かける前に十分運動させておく。

例えば、で長時間移動していきなりカフェレストランに入れば、子どもは動きたい衝動に駆られるでしょう。ですから、可なら途中で公園にでも寄って、子どもを思いきり走り回らせたり、から降りて少し運動させておく。

→男の子のエネルギーを発散させるのはたいへんだけれど、それだけ元気で健康なのだと前向きに考えましょう。

カフェレストランに入る前に、ルールについて念押ししておく。

ルールが守れない時は、周りの人に迷惑がかかるから、外に連れて行くと伝えておきます。ここで、十分クールダウンさせてから入りましょう。

→他の罰則を決めてもいいですが、守れない罰則は逆効果になります。たとえば、「暴れたらオーダーした料理を食べさせません」などというのは、理ですよね。必ず実践できる罰則にしておかなければ、次回から益々言うことをきかなくなります。

レストランに入ってから暴れだしたら

・すぐに外に連れてでましょう。

そして大で怒鳴ったりせず、静かに「中では静かにしなければいけません」と注意しましょう。その約束が守れると言うなら、席に戻ります。

スイッチが入ってしまう前に対処するのがコツ。こういう時は毅然とした態度を取りましょう。

・大を出すような場合は、「小で話すゲーム」とか「沈黙タイム」とかゲーム感覚で静かにさせましょう。

子どもだけに静かにさせるのではなく、ママも一緒にゲームを楽しむことです。

→筆者のスクールでも、うるさい時はあえて静かにしないと聞こえないようなで話したり、を出さずに唇を読ませたりします。また「小で話すこと」をゲームにすると子どもは面がってやります。

・静かにできたら、ほめてあげましょう。

大人にとっては当たり前で簡単にできることでも、子どもにとってはたいへんな作業なのです。

ジッとしていられない原因は?

ジッとしていられない原因は?

本来、元気な子どもはジッとしていられないもの。動き回るようにできているのが子どもです。なぜなら、動き回ることで、筋肉が発達していくからです。

とは言っても、どこででもおとなしく親の言うことを聞ける子もいますね。

これらはもちろん性格的な特性や気質も影しています。もともとジッと集中して遊ぶことが好きな子や、好奇心旺盛でいろいろなものに興味を持って動き回る子など様々です。

そういった持って生まれた特性や気質以外に、筆者は、ジッとしていられない原因の一つに、児期の運動不足があるのではないと考えています。

運動不足になる理由は、たとえば、日本屋の狭さもそうですし、小さな保育所の中でたくさんの子どもと一緒に過ごさなければならなかったなどです。

特にエネルギッシュで活発な気質の子どもが、児期に十分動き回ることができないような環境で育った場合、動き回りたい衝動が幼児期に爆発してしまうのです。

それは、言ってみれば必要な筋肉をつけなければという本が働いているということでもあります。

ですから、幼児期にジッとしていられないような行動的な子どもには、公園に連れて行ったり、スポーツ関係のお稽古事をさせるなど、できるだけ動き回れる機会を作ってあげましょう。

まとめ

もし、お子さんが2歳くらいまでならば、ぜひ十分動き回らせてあげましょう。児期の運動は、体的にも的にも、その後の長い人生の基礎になります。

特にハイハイは体幹を鍛えるのに重要です。2,3歳くらいまでに必要な筋肉が十分発達していれば、ジッと座っていることもそれほど苦痛ではなくなるでしょう。

幼児期には、親としてはもちろんおとなしい子の方がやりやすいでしょうが、長い人生を考えると、必ずしも落ち着きのない子が良くないというわけではありません。

ジッとしていられない落ち着きのないという子は、それだけ元気でエネルギッシュなのかもしれません。タフで活動的な大人になって、社会で活躍するかもしれないのです。

ですから、そういう特性を生かしながら、静かにしなければならない場所や時間には、きちんとけじめがつくように教えていきましょう。