2014年ドラフト2位で入団した宗にブレークの兆し、開幕「1番・中堅」筆頭補に

 オリックス宗佑磨内野手が好調だ。11日の西武戦(ほっと神戸)では4タコに終わったが、ここまでオープン戦6試合で3本塁打を放つなど開幕スタメンに向け猛アピールが続いている。プロ入り直後から身体の高さに定評があったが、度重なるケガに泣き、その実を発揮することはできなかった。ブレークの兆しを見せるプロ4年に迫った。

 宗は2014年横浜隼人高からドラフト2位オリックスに入団。甲子園には出場することはなかったが、走攻守で当時から各球団のスカウトからは高い評価を受けていた逸材だ。だが、体の線が細く抜群の身体を発揮する“土台”が出来ていなかったため、プロ入り直後からケガとの闘いが待っていた。

 2015、16、17年に2軍コーチとして宗を導してきた下山1軍打撃コーチは「すごい身体、潜在を持っていましたが、なんせ体ができていなくてケガに弱かった。100を出そうとすると、体がついてこない。膝やのケガもあって技術練習がほとんどできなかったですから」と当時をる。

 もが認めるを持っていても、試合で発揮できなければ意味がない。ましてや、そのに自身の体が耐えることができなかったのだから、なおさらだろう。1年の教訓を生かし、そこから体作りに専念し、ケガにも負けない土台を作り上げた。

 1軍デビュー2016年。だが、わずか3試合の出場で4打数安打プロの洗礼を受け初安打はお預けとなった。そして昨季、念願のプロ安打を放つも10試合の出場で22打数4安打打率.182と思い描くような結果を残すことはできなかった。それでも昨高知キャンプから、今宮崎キャンプで打撃フォームを固め、実戦でもアピールし、1軍帯同を実で勝ち取った。

調子が良いから打てる、悪いから打てない、という低いレベルじゃない」

 土台作りの期間が終わり、技術的な練習もより強度を増して取り組めるようになった。これまでの憤をらすかのように宗の成長スピードは急速に上がっていった。「内の球を打ちにいくと、どうしても体が開いてしまう。けど、宗の場合は体が開く前にバットが出てくる。表現があっているか分からないが、手が速く出るんですよ。それが一番です」と下山コーチも、その成長スピードを細める。

 ソフトバンク柳田ばりのフルスイングに、同じチーム吉田正を彷彿させる大きなフォロースルーを見せる快な打撃フォームが特徴的。スタンドインする長打も生まれ、もちろん足を生かした打撃も可だ。「快=大振り」のイメージを抱きがちだが、本人はそれを否定する。

「ただ大振りしているわけじゃないです。強く振る、その中でコンタクトするように意識しています。コーチの方々とも相談して、自分の中でも今の形を理解しているので。調子がいいから打てる、悪いから打てない、という低いレベルじゃないと自分は思っているので」

 3月3、4日のDeNAとのオープン戦では2試合連続先頭打者本塁打、そして9日の巨人戦でも一発を放った。オープン戦ではに1番として起用されている。先頭打者に一発、長打があるだけで相手投手に与えるプレッシャーは大きく変わってくる。福良監督も「相手は嫌やろね、足もあるし、長打がある。一歩抜けてるかな。でも、(1番・中堅は)競争ですよ」と、チームの課題だった「1番打者」の有補として評価している。

 キャンプ途中から本職の遊撃から外野へとコンバートされ、大ブレークチャンスをつかもうとしている。「プラスに捉えています。勝負できる場所で勝負したい。1日1日でベストを尽くすだけ、自分ができることはそれしかないので」。自身初の開幕1軍、そして「1番・中堅」をつかむため、がむしゃらに突き進んでいく。(Full-Count編集部)

今季の飛躍が期待されるオリックス・宗佑磨【写真:荒川祐史】