アメリカエリート消防隊である森林消防士たちの活躍を描く映画『Only the Brave』(原題)の邦題が『オンリー・ザ・ブレイブ』に決定し、6月より開されることが分かった。

【写真】『オンリー・ザ・ブレイブ』フォトギャラリー

 2013年アメリカアリゾナ州で発生した未曽有の巨大山火事に立ち向かったのは、精鋭部隊・ホットショットの20人の男たちだった。本作は、彼らが大切な仲間家族はもちろん、名も知らぬ人々の命を守るために、勇気だけで炎の海に身を投げ出す果敢な姿を、気迫る映像と共に描くヒューマンドラマとなっている。

 メガホンを取るのは、映画オブリビオン』などを手がけ、『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick』の監督も決まっているジョセフ・コシンスキー監督。精鋭部隊・ホットショットのリーダーは、『ボーダーライン』『アベンジャーズシリーズのジョシュ・ブローリンが務め、屈強な男たちの父親的存在として、厳しさの中で優しい一面ものぞかせる渋い男を演じている。

 ブローリン演じる夫を献身的に支える妻にジェニファー・コネリーが扮するほか、映画セッション』で才あふれるドラマー役を演じたマイルズ・テラーが、ドラック中のどん底からはい上がり、ホットショットの一員として懸命に森林火災に立ち向かう“熱い男”として登場する。

 映画オンリー・ザ・ブレイブ』は6月22日より全開。

森林消防士たちの活躍を描く映画『オンリー・ザ・ブレイブ』公開(C)2017 NO EXIT FILM, LLC