カルビー80年代ヒット商品であるポテトチップスエスカン」「グリルビーフ」「お好み焼きチップス」(140円前後)を復刻し、3月12日から販売を開始した。

【写真を見る】今回販売商品との違いは?80年代に販売された際のパッケージはこちら!

発売当時(80年代)の味わいが再現されているということから、ネットでは「懐かしい!」「小さいころに食べた気がする」と子どものころの味を思い出すがあがった。パッケージ過去デザインを踏襲しつつ、ミラーボールをイメージしたロゴキラキラ背景を取り入れてやかさを高めている。

「そもそも、なぜ今、バブル期の味を復刻?」という疑問も。開発のきっかけは近年、バブル期のヒット曲がリバイバルヒットをするなど、若者の間でバブル期のカルチャー(バブルカルチャー=バブカル)が流行していることから。バブル期を懐かしむ40代や、バブル期を知らない若い世代にも広く関心を持ってもらい、購買意欲を喚起する商品に仕上がった。

エキゾチックな辛さがブームだった86年から93年に販売された「エスカン」。当時は、スティックタイプや大袋サイズタイプの商品、「エスカン ケイジャン味」といった別の味も発売するなど、広いバリエーションで展開されていた。パッケージは当時にしてはしいを基調に、異文化をイメージ。数種類のスパイスによる、ほどよい辛さがクセになるおいしさが魅だ。

グルメの味を極めたワイルドポテトチップスとして87年から93年に販売された「グリルビーフ」。のつまみにぴったりということから人気を集めた。濃厚かつジューシービーフを再現し、牛肉のコクと味が最大限に引き出された味わいが楽しめる。

お好み焼きチップス」はその名の通り、お好み焼きソース香ばしい味わいが楽しめる。青のり紅しょうがマヨネーズも加えたボリュームたっぷり!前身の「OKONOMI CHIPS」は漫画イラストパッケージに用いていたが、お好み焼き写真を採用して「お好み焼きチップス」として89年から93年までリニューアル販売された。

記者は今回販売された3種類のポテトチップスのうち、「お好み焼きチップス」を実食。お好み焼きということもあり、「味が濃いのでは?」と警していたが、軽い味わいで食べ始めた手を止めることができなくなった。ソースだけでなく、マヨネーズっぱさも味わえ、おが満たされる一品。

ポテトチップスエスカン」「グリルビーフ」「お好み焼きチップス」は期間限定商品となり、5月下旬の販売終了を予定している。(東京ウォーカー(全版)・池田織枝)

5月下旬まで販売予定のポテトチップス「エスニカン」「グリルビーフ」「お好み焼きチップス」