2018年マイルストーン予報、2000安打に挑戦する選手は?

 これまでちょうど50人が達成した2000本安打2018年もこの大台突破を間近に控えた選手がいる。

2018年2000本安打に到達する可性がある打者。()は前年の安打数。

内川聖一(ソ)通算1975安打 残り25安打79安打
福浦和也(ロ)通算1962安打 残り38安打30安打

 ソフトバンク内川聖一は、昨年はWBC侍ジャパンの一員として出場。開幕後も好調を維持していた。昨年開幕の時点で2000本安打まで残り104本であり、シーズン後半での達成が確実視されていたが、6月2日交流戦横浜スタジアムでのDeNA戦でスイングをした際に首を痛めて翌日から欠場となった。

 この時点で、194打数64安打打率.3302000本安打だけでなく3度の首位打者も狙える好調さだったが、6月27日に復帰後、成績が急落。7月23日を最後に再び登録抹消。最終的には79安打にとどまった。しかし9月30日に復帰してからは14打数5安打、さらにポストシーズンCS日本シリーズ)では40打数14安打の.350と全復活した。

 今初めに左ふくらはぎの軽度の筋膜炎と診断されたが、すでにフリー打撃も再開。開幕には問題なく間に合う見込みで、4月中にも大台達成が期待できるだろう。内川の通算打率4000打数以上の右打者では、ブーマー(.317)、落合博満(.3108)に次ぐ.3095。今年8月35歳になるが、円熟期を迎えた打棒は衰えていない。右打者最高打率薄する活躍が期待できる。

 ロッテ福浦和也2001年に.346で首位打者を獲得した実者。6年連続3割をマークするなど安打製造機として鳴らしたが、2009年を最後に規定打席に到達していない。シーズン安打数も年々減少し、2016年20安打だった。この時点で2000本までは残り68本。試合出場数も減少し、厳しいかと思われたが、2017年ロッテ打線の極端な不振もあって出場機会が増え、30安打と盛り返した。

BCリーグ栃木入団の村田は残り135本、期のNPB復帰が条件に

 昨年12月に42歳となったが、1学年上の井口資仁監督の意向もあり、今季は記録達成へ向けて出場機会が与えられると思われる。千葉県出身で千葉習志野高校を出て千葉ロッテマリーンズに入団した生フランチャイズ選手。兼任コーチとして最後の活躍をすることだろう。

 そして、もう一人。昨年オフの時点で今季2000本安打マークする可性があった打者がいた。

村田修一栃木)通算1865安打 残り135安打100安打

 昨年、巨人では規定打席未達ながら100安打マークしたがオフ自由契約となる。しかし他球団からのオファーはなく、3月に入ってルートインBCリーグ栃木ゴールデンブレーブスに入団が決まった。独立リーグでの安打数はNPBの通算安打数には加算されない。

 村田独立リーグで実績を残し、NPBの支配下選手登録の期限である7月末までにNPBへの復帰をしていると思われるが、仮に7月末で復帰が決まったとしても、残り試合数は60試合ほど。今季中の2000本安打は厳しくなった。今年12月には38歳となる村田にとって、厳しいのりになったが、2019年の達成は不可能ではない。ここからの奮起が期待される。(広尾 / Koh Hiroo)

ロッテ・福浦和也(左)とソフトバンク・内川聖一【写真:荒川祐史】