2016年の「元年」から3年となり、ようやくキラーコンテンツが現れ始めてきたVR業界。そのトップ集団として今、内で注を集めているのが、VRソーシャルサービスの「VRChat」だ。ユーザー数で見ると、昨年12月より一気に増えてSteamspyによれば執筆時点で約370万オーナーを誇るという規模に膨れ上がっている。

サービス内容は、バーチャル間にログインし、や身振り手振りでコミュニケーションできるというもので、一番の特徴は自分でカスタマイズしたアバターワールド間)を使える点にある。日本では、PANORAでもインタビューした「ねこます」氏のように女の子キャラになりたい人(男性)が殺到し、のカワイ天国になっている状況だ。

そんなVRChatの有志によって10日、約20人が集まる内初(?)のVRChatオフ会が実施された。今、バーチャル間で何が起こっているのか。そして、ユーザーは何に魅を感じてVRゴーグルをかぶるのか。オフ会の場でキーマンをインタビューしたので、3回に分けてお届けしよう。

 

そば屋がVRで世界に向けて日本語教室を開く新時代

オフ会の様子。会場となったのは、東京都文京区にある手打そば・田奈部。

 

である田名部(@sobatang1)氏もVRChatにどっぷりはまっている一人。毎週金曜日海外の人向けにバーチャル間で日本語教室を開いているという、まるでSF小説のような話だ。

 

オフ会では、スクリーンにかけて、VRChat内の様子をプロジェクター投影。さらに隣のグリーンバックをかけて……。

 

オフ会VRChatサテライト会場に、リアル側の人々の姿を投影していた。リアルバーチャルを交錯させて交流する、非常に先進的な仕掛けだろう。

 

さらに3DスキャンしたアバターVRChat内に出現させて……。

 

その本人がリアル側から乱入するという、もはや何が何だかわからない状態に。

 

 

「ここって……そば屋!?」というガチ機材が持ち込まれたのも見所だった。

 
 
*次ページは、「リアルアバター」でTwitterで話題になったメディアアーティストの坪倉氏にインタビュー

 

VRChatの住人に聞く「現実は不便」のリアル(前編) バーチャルはリアルと置き換えられる