米R&Bシンガーオーガスト・アルシーナの最新アルバム『Drugs』に収録されている「Don’t Matter」にゼイン・マリクゲストボーカルとして参加しているリミックスヴァージョンが近頃ネットに流出し、これを受けてゼインが2018年3月11日に自身の正規ルートで問題の楽曲を無料で公開した。

ゼインによる投稿

 Twitterで彼は、「この曲は公開するつもりはなかったけれど、何者かによるプロにふさわしくない行為のせいでリークされてしまった。僕にとってバカみたいなリークより自分のファンの方が大切だから、どうぞ、僕の音楽がドロップするまで、みんな無料で楽しんでほしい。love z」と事情を説明した。

 更に彼は別のツイートで「Don’t Matter」のリミックスのアートワークも公開している。

 アルシーナTwitterで反応し、「お前は俺の、俺もお前のブラザーだ。どうやってこんなことが起きてしまったのか分からないけど、レモンをレモネードにするなんてやるじゃないか(しかも最高の出来だと言わせてもらおう)」とゼインの対応を称賛した。

 ゼインは2月に新曲と思われる楽曲の一部をインスタグラムに投稿したり、今回のツイートでも新作のリリースが近いことを匂わせており、もう間もなくリリース日などの詳細が発表されるものとみられる。


◎ゼインによる投稿
https://twitter.com/zaynmalik/status/972698778862895104
https://twitter.com/zaynmalik/status/972868621243478017

ゼイン、ネットに流出したリミックスを無料で公開「バカみたいなリークより自分のファンの方が大切」